外貨 レート

スポンサードリンク



円とドルの関係は刻一刻と変化しており、 100円分の円をドルに両替しようと思ったとき、どのくらいのドルがもらえるかは、その時になってみないと分からないのです。 例えば今日は、1ドルが100円で交換できるかと思えば、 明日はさらに安い、90円で交換できる場合もあるのです。 1ドルが100円から、90円で交換出来るようになった…。 つまり円の価値が上がった、これが「円高」です。 逆に1ドルが90円から、120円支払わなければ交換できなくなった、 つまり円の価値が下がった「円安」ということです。

為替や株価は日々動いていますが、一定期間(1日や1週間、1ヶ月間など)の株価の動きを、白や黒の棒で表したものが”ローソク足”です。 このかたちが火を灯すローソクに似ていることと、そのかたちから”為替や株価がどんな風に動いたのか”、つまり為替や株価の足取りがわかることから、”ローソク足”といわれています。
スポンサードリンク

ローソク足は次の4つの株価を使ってつくられています。 ・始値(はじめね):その日や週で最初に取引された株価 ・終値(おわりね):その日や週で最後に取引された株価 ・高値(たかね) :その日や週の取引で最も高い株価 ・安値(やすね) :その日や週の取引で最も安い株価。

ローソクには、始値よりも終値が高い陽線(ようせん)と、始値よりも終値が安い陰線(いんせん)の2種類がある。古くは陽線が赤、陰線が黒で書き表されていた事、値段が上ると明るい印象があり、下がると暗い印象がある事、相場の動きを陰陽道に絡めて考えた事などから陽線・陰線の名が付いている。相場に関する印刷物が刊行されるようになった際、コストの高いカラー印刷を嫌って陽線を白抜きの四角形、陰線を黒く塗り潰した四角形で表示する様に変化し、現在では黒と白で表示するのが暗黙の了解となっている。

窓(ギャップ)とは、左の図のように、前日のローソク足と、今日のローソク足部分に重なる部分がないことを言います。なお、窓が生じる際に、前日終値より窓を開けて高く値が付くことをギャップアップ(GU)、前日終値より窓を開けて低く値が付くことをギャップダウン(GD)と呼びます。
スポンサードリンク

窓(ギャップ)が出たときの相場動向 窓として値を飛ばしている部分は、取引がゼロという真空地帯を意味しますので、左の場合、一回下値をトライするときに、窓としてあいている部分を埋めやすいという傾向があります。
・各種為替レート(チャート)一覧⇒http://zai.diamond.jp/fx


スポンサードリンク


フィボナッチ

フィボナッチ数(Fibonacci number)は、イタリアの数学者レオナルド・フィボナッチ(ピサのレオナルド)にちなんで名付けられた数である。

フィボナッチ数は自然界の現象に数多く出現する。花びらの数はフィボナッチ数であることが多い。植物の花や実に現れる螺旋の数もフィボナッチ数であることが多い。

次の数列はどのような規則にしたがって数がならんでいるでしょう。1,1,2,3,5,8,13,21,34,55,89,144,233,・・・・・・わかりましたか?はじめの2つの1を除いたこの数列のそれぞれの数は,その1 つ前の数と2 つ前の数との和になっています。 2=1+1,3=1+2,5=2+3,8=3+5,・・・・・・このような数列をフィボナッチ数列といいます。「フィボナッチ」とは12~13 世紀のイタリアに実在した数学者の名前です。

自然界に現れるフィボナッチ数の例や、ここでは省略した難解な部分について視覚的に理解できる動画を掲載しましたので、是非ともご覧下さい。自然界も法則や合理性に基づいて成立しているという事実と、その事に対する尊敬やロマンを強く感じさせてくれることでしょう。

この0.618という数字こそがフィボナッチ・レシオの基本なのです。この比率は自然界の法則の1つとされ、「最も美しいもの」の比率とされています。例えば、ピラミッドやパルテノンとかいった宮殿の建築をはじめミロのヴィーナスといった芸術作品にも使われています。ミロのヴィーナスは身長を1とするとお臍の位置が下から0.618のところに位置しています。

身近なところでは名刺のサイズ(縦横)、人間の頭のつむじといった例も挙げられます。つまり、私たちが違和感無く受け入れている美しい形はこの比率で出来上がっているものが多いのです。マーケットでこの比率が使われる理由としては、株価というものは森羅万象あらゆるものを織り込むものといわれ、そのすべてを織り込むものであれば株価の動きもこの自然界の美しい形、つまりはフィボナッチ・レシオで表すことができるのではないか、ということが考えられます。また、エリオット波動といわれるマーケットで使われているリズムがあるのですが、このリズムの拡大、縮小にこのフィボナッチ・レシオが当てはまったりしている点を挙げることができます。

エリオット波動理論(えりおっとはどうりろん)とは、市場は5つの上昇波動と3つの下降波動によるパターンを連続させており、この波動の上下により相場のサイクルが作られると言うトレンド系チャートの一つです。エリオット波動理論においては、フィボナッチ数列(黄金比)という考え方が用いられており天井や底の間の時間がそれぞれの波動においてフィボナッチ数列の数値となるとされています。

トレーダー

デイトレーダーとは、1日の間に取引を完結してしまって、取引を何度も繰り返している人のことを言います。

場が開いている間は、ずっと何枚ものモニターを眺めて注文を出し続けているので、トイレに行くこともできません。デイトレーダーの中には海外市場も対象にされている方がいらっしゃいます。こうなると、夜中が取引の時間帯になったりしますから、慢性的寝不足を誘発します。

労働時間は意外と長いのではないかと思う方もいるでしょう。でも、そんなことはありません。私も含めて、多くのトレーダーは午前中の2時間だけという方が多いのです。

特に難しくて重要なのは、自分の心のコントロールです。
精神的に死ぬほど辛い。でも、面白さ>辛さだから今までやってこれた。

欲との勝負です。売ったあといくら上がってもくやしいとおいかけないことや資金の管理をきちんとすること、地合や様子を見て休むことができること。デイトレーダーは夢の大きい職業ですが、リスクもかなり大きい職業といえます。

単発的には1年で1000万円以上稼ぐ人は一定の割合ではいるでしょう。でも今後5年、10年、20年と稼ぎ続けられるかというと「?」でしょうね。デイトレで儲かっているのは一部の人。90%の人は損していると言われている。

FXで経験1年ほどの主婦が儲けているというニュースは良く聞きますが、圧倒的に負け組みのほうが多いみたいですね。期的に勝ち続けられるのは1割もいないと思います。デイトレーダーはプロスポーツの世界と同じで特殊な才能と努力が要求されます。

1日で数千万円以上の資金を吹っ飛ばしたという話も、ちらほら聞いております。(汗)

MT4

MetaTraderはロシアのMetaQuotesSoftware社(メタクォーツソフトウェア社)が開発した無料で使える高機能FXトレードソフトなのです。

メタトレーダー(MT4)のデモ口座には期限がある。1カ月ほどで期限が切れてしまうのだ。初心者からのよくある相談が「メタトレーダー(MT4)のチャートが突然動かなくなった!」というもの。この原因、たいていはデモ口座の期限切れ。チャートが更新されなくなったら、もう一度「デモ口座の申請」を行おう。

今回ご紹介するEAは http://www.forex-tsd.com/ という海外のサイトで紹介されているものです。無料でユーザー登録するといろんなEAやインディケーターが取得できますので、ぜひトライしてみてください。(英語ですががんばってみましょう)

【海外無料EA】 Taichi DeMarker EA :かなりう良さそうです。先日紹介した海外無料EA配布サイトで良さそうなEAを見つけました。Taichi DeMarker EA です。通貨ペア・時間軸によっては結構使えそうな感じです。

EA (無料)です。 取引数は少ないですが、色々な通貨ペアでイケてます。一目均衡表の変種を使った順張りなのだと思います。365ea に疲れてきた時には、こういうのもよろしいかと思います。(笑)バックテストに、とても時間がかかるのが難点なのですが・・・

■ 無料ソフト■ EA(Expert Advisor)と呼ばれる自動売買ソフトが使える■ チャートが機能的■ デモ口座もある■ バックテストができるので、プログラム検証が可能。

スキャルピング

スキャルピングの言葉の意味は、アメリカインディアンが行っていた ”頭の皮を薄く剥ぐ” という意味で、スカル(頭蓋骨)からきた言葉です。市場から薄い利益を剥ぎ取ることをイメージしたものです。相場は一定期間一定方向に動く習性があります。トレードの手法として、「一定方向に動く最小の時間単位で利益を薄く確実にもぎ取ろう」というのがスキャルピングです。

欧州市場が16時から始まり、スタートから2時間までの18時ぐらいまでは、トレンドが発生しやすい時間帯です。NY市場が21時に始まり、スタートから3時間ぐらいはトレンドが発生しやすい時間帯です。指標発表がある場合は、翌2時ぐらいまでは相場が動きやすくなります。そういったことを考慮して、デイトレードする場合は、16時~翌2時ぐらいまでの時間帯を狙うのが基本です。

スキャルピングは瞬間の値動きを利用しますので、値動き(ボラティリティ)が一定以上あることが必要です。また、取引回数が増えますので、取引コストが小さい通貨ペアを選ぶことが重要です。これらの条件を満たすものとしては、ユーロ/ドル、ポンド/ドル、ドル/円などがあります。

スキャルピングをやっていると、一時間足や日足のトレンドが、頭から消えてしまいがちですが、これが敗因の一つです。スキャルピングと言えども、日足・時間足・5分足を確認の上、1分足を見るのが基本です。これは、長い時間足の影響を短い時間足が受けるからです。

僅かな利幅を狙って売買を繰り返すトレード手法のこと。1回の保有時間は数分くらいで、利益が出たらすぐ確定という取引を繰り返します。

スキャルピングでは目標利益(または損切り)まで待つことはしません。利益が確定したら即決済でイグジット。一攫千金を狙うよりもコツコツ確実に儲けます。

1分足にボリンジャーバンドを重ね合わせてタイミングを計っていく方法が、オーソドックスで初心者にも分かりやすいチャートの利用方法だと思います。ボリンジャーバンドとは、移動平均を表す線と、その上下に値動きの幅を示す線を加えた指標のことをいいます。

※移動平均線から一番近い上下線の間で株価が動く確率(1次標準偏差、1σ)=約68.3%二番目の上下線の間で株価が動く確率(2次標準偏差、2σ)=約95.5%三番目の上下線の間で株価が動く確率(3次標準偏差、3σ)=約99.7%

考案者のジョン・ボリンジャーは逆張り指標としてではなく、順張り指標として考案されているとのこと。順張りの買いの場合は、ボリバンの-2σから反発した時に、RSIが30以下で推移している時が狙い目です。

順張りの売りの場合は、ボリバンが 2σで反発した時に、RSIが70以上の時を狙います。

「RSI」とは、「Relative Strength index」の略。「現在の相場は上昇と下降、どちらに傾いているのか?」を表した指標です。つまり、「買われすぎ」「売られすぎ」を数値化して、相場の強弱を教えてくれる、オシレータ系の代表的なテクニカル指標です。

一般的に、上部70%以上のゾーンに入ると「買われすぎ」とされ、そして下部30%以下のゾーンに入ると「売られすぎ」と判断されます。

一般的に、このパラメータには14が使われるのが通常です。RSIの考案者が28日周期というものを信じていたので14が使されていたようですが、その名残が今も残っているんだと思います。 特別な理由がなければ場合は、14を使っておけばOKです。

スリッページとは、注文の約定時に生じる、発注レートと実際に約定したレートとの差のことをいいます。
相場の急落/急騰等、市場状況により、このスリッページが大きくなる場合もあります。

GPIF

スポンサードリンク



年金積立金管理運用独立行政法人は厚生労働大臣から寄託を受け、年金積立金の管理・運用を行います。そして、その収益を国庫に納付することにより、厚生年金保険事業及び国民年金事業の運営の安定に資することを目的としています。

06年には年金積立金運用の改革のため、専門性を徹底し責任を明確化するものとして、年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)に改組された。これらにより、グリーンピアや住宅融資などの業務は廃止され、GPIFが独自に検討して投資割合などを決定できるようになった。

GPIFが保有する国内株式は、東証1部上場株式の時価総額(5月末)の約5%に相当し、わずか1%の国内株式増加でも、市場には1兆円を超える資金が流れ込むため、市場に与える影響は大きい。
スポンサードリンク

GPIFが新たに決めた、株式を重視する資産構成割合をリーマン・ショックのあった2008年度の運用利回りに当てはめると、約26兆2千億円の赤字になるとの答弁書を閣議決定した。実際は国債中心の運用だったので赤字額は約9兆3千億円だった。

「投資者にとって投資魅力の高い会社」で構成される新しい株価指数を創生します。

新指数は、世界最大級の機関投資家である年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)が運用指標に採用したほか、指数に連動する上場投信(ETF)も4本登場。11月下旬には先物取引も導入される予定で、東京証券取引所の小沼泰之執行役員は「順調な滑り出しだ」と、市場での定着ぶりを評価する。

今後も同指数連動型のETFなどが拡大していくと見込まれており、将来的な需給インパクトの観点から、銘柄入れ替えに対する市場の注目が集まっていた。

リバランスのインパクトは大きくないとの見方であるが、GPIFへの思惑も根強く、対象銘柄への物色が意識されよう。最近では指数の銘柄入れ替えによって株式市場が荒れることはあまりないが、それでもこの件は覚えておいて損はない。実は14年前の2000年に、指数の銘柄入れ替えのために株式市場が大荒れになったことがあるのだ。

新規採用はパナソニックやエプソンのほか、カシオ計算機、リコー、マツダ、ミネベア、カルビー、アイフル、大和証券グループ本社、岡三証券グループ、大塚ホールディングスなど。半面、除外はソニーや東エレク、ワタミ、スカイマーク、レンゴー、山崎製パン、日立造船、リンテック、日医工、フィールズ、カプコン、ゼンショーホールディングスなど。
スポンサードリンク

その他、新規採用銘柄は、アイフル 、大和証券グループ本社 、沖電気工業 、カシオ計算機 、メディパルホールディングス など。一方で除外銘柄は、TOKAIホールディングス 、東京エレクトロン 、ワタミ 、キヤノン電子 、ゼンショーホールディングス などとなっている。

注目は、<山崎製パン>、<ソニー>、<東京精密>、<キヤノン電子>、<リンテック>、<長瀬産業>、<東京エレクトロン>、<スカイマーク>などが除外されたことだろう。


スポンサードリンク