オタク

自分の好きな事柄や興味のある分野に、極端に傾倒する人を指す呼称。 アニメ、漫画、玩具、映画、コスプレ、ゲーム、アイドル……。さまざまな大衆文化があるが、そのような特定の趣味の対象および分野の愛好者、ファンを指す語として使われる。 英語の「ギーク」(geek)、「ナード」(nerd)に相当するが、現在は「otaku」でも世界に通じる。 自他に関わらず、自虐や揶揄を伴い「ヲタク」と表記される場合もある。 略称はオタ(およびヲタ)。 多くの場合、オタクという語の前に、嗜好分野を表す単語が付くが、語呂の関係から概ね省略される(例: アニメオタク→アニオタ、サッカーオタク→サカオタ)。 「女オタク」「キモオタ」などの独立した単語の場合、付加語は属性ではなく、個人の特徴を示す。

とりあえず自分の思いつきでまとめてみました。例)・リュックサックを背負っている・シャツの裾をズボンにINしてしる・眼鏡をかけている・チェック柄のシャツを着ている。

これも自分の考えでまとめました。例)・生活費の殆どをオタクグッズに費やしている・毎日、風呂に入ったりシャワーを浴びない・就職先や進学先を探さない(ニートも含む)・好きなアイドルやアニメ声優等のイベントのためには、遠いところまで行っておかっけを行う・暇な日は、家に引き籠ってネットかゲームをしている。

これも自分なりにオタクさん達のリュックの中に入っていると思われる持ち物をまとめました。例)・ノートパソコン・同人誌・ポスター  ※因みに、丸めてガンダムのビームサーベルのようにしてリュックに入れているらしいです!・紙袋  ※ポスター等を入れるためなんだとか

東浩紀は1970年代に日本で誕生した言葉だとしている。 バブル期に、アニメ・SF・パソコンなどの愛好者を指す呼称として一般に浸透し始め、当時は「お宅族」、「オタッキー」、「オタッカー」と呼ばれた。 またオタクを最初に世間に認知させたのは、作家の中森明夫が1983年に『漫画ブリッコ』に記したコラム「おたくの研究」だと言われている。

1.アニメ・ゲーム・漫画・映画などの大衆文化が趣味の人物。多くの人が一般的にイメージするところのオタク(例:アニメオタク、ゲームオタク、アイドルオタク、フィギュアオタク) 2.上述のうち、自身で創作、同人といった活動を行う人物(例:コスプレオタク、同人オタク) 3.異常なまでに自身に係わる行動や情報に拘わる人物 (例:健康オタク、コスメオタク、筋トレオタク) 4.単なるファンの領域を超えて興味の対象に熱狂する人物(例:野球オタク、サッカーオタク) 5.専門家ではないにもかかわらず、特定の学術方面に対する知識が異常に豊富である人物 (例:歴史オタク、数学オタク、鉄道オタク) 6.見た目がきもちわるく、一般人と感覚の違う人物 (例:キモオタ) サブカルチャーの世界においては、世代ごとにオタクは分類されており、70年代にオタク文化に傾倒した世代を第一世代とし、そこから80年代は第ニ世代、90年代が第三世代、00(ゼロ)年代が第四世代とされている。

1位:オタク用語、ネット用語、2ちゃんねる用語を使っている(37.2%)2位:さりげなくアニメ・漫画・ゲームなどのグッズを持っている(9.4%)3位:オタク系キーワードや話題に反応する(7.3%)4位:アニメ・漫画・ゲームなどの話題だけ、熱く、テンション高く語ってしまう(4.2%)5位:口ずさんでいる曲や着うたがアニソン系(3.4%)6位:アニメ・漫画・ゲームなどにやたら詳しい(3.1%)7位:なんとなく雰囲気、匂い、勘でわかる(2.9%)8位:アニメ・漫画・ゲームなどの台詞をさりげなく日常に使う(2.5%)9位:声優の話題がでる(2.0%)10位:アニメイトやとらのあななどオタク向けショップの袋を持っている(2.0%)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です