腰痛

50歳以上の4割が悩み、国民病といわれる腰痛。実は、腰痛の85%は医療機関に診てもらっても画像は健康な人と変わらず。実はこの「腰痛」、レントゲンなどでも原因が判明しないものもあり、現代医学でもわかっていない部分も多いのです。

一般的に「ぎっくり腰」と呼ばれる急性腰痛症と、痛みは軽いものの強くなったり楽になったりを繰り返す「慢性腰痛症」があります。

腰痛はアナタだけの持病ではなく、人間誰しもが成りうる症状です。腰痛の原因はお尻の筋肉にあり、お尻の筋肉をケアすることで腰痛を解消できることもあるようです。

そもそも何故お尻の筋が腰痛の原因になっているのか?重要なのは、お尻の筋肉が凝って硬くなってくると、本来お尻で吸収されるはずだった重さや衝撃が、他の部分にかかってしまうことだ。

「お尻さえ柔らかくしておけばほとんど腰痛にはならない」
筋肉を日常的にほぐせば、椎間板ヘルニアなど手術が必要な症状でない限り、慢性的な腰痛ならば、劇的に改善します。一番腰に負担をかけているのは、実は立っているときではなく座っているときなのです。そもそもなぜ強度の運動をしていない人もこのお尻の筋が硬くなるのか。それは日常生活での体勢のクセが原因だ。

お尻のまわりの筋肉は、足を振りだしたり、体を支えてバランスをとり、よい姿勢を保つ上で大切な筋肉なので、しっかりと伸ばしていくことが大切です。じわじわと効いているのを感じながら少し左右に動くなどすると、伸びている場所がよく分かります。ゆっくりと鼻で息を吐きながら脚を胸に近付けて20秒×左右3セットずつ戻す時もゆっくりと戻します。

脚の間に手を通し、90度に曲げている方の脚裏を両手で手前に引き上げ、30秒キープ。腰痛持ちの方は足の後ろの筋肉のハムストリングやお尻の筋肉が固い傾向にあります。四つん這いの姿勢になり、ゆっくりと両ひざを床から離して両手と両足で体重を支えるようにしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です