トヨタ自動車

トヨタ自動車の競争力は「トヨタ生産方式」により生まれ、トヨタ自動車が日本経済のシンボル、象徴となる原動力となった。「トヨタ生産方式」は、生産現場における《ムダの徹底的排除》の思想に基づいて、《生産方式の合理性》を追い求め、生産全般をその思想で貫いている。

製造業だけでなく多種多様な分野において、また経営レベルから個人の業務レベルまでさまざまな段階において、生産管理・効率化の手本として手本にされている。

「トヨタ生産方式」は1980年代のアメリカで『俺たちが不況に苦しんでいるのに日本企業は絶好調なのはなぜか。その違いを解き明かそう』という文脈において脚光を浴びた。「トヨタ生産方式」は、世界で最も効率的な生産方式と認められ、自動車産業だけでなく他の産業においても、生産方式のベスト・プラクティスとして学習の対象となった。

「トヨタ生産方式」では『ムダを徹底的排除すれば原価(コスト)が下がる』と考えられている。「トヨタ生産方式」は、生産性向上をはかるために原価(コスト)を減らす一連の活動と言える。

《ジャスト・イン・タイム》は、生産の各工程が作業を行うタイミングに合わせて、必要な部品だけが到着するようにして使い切ってしまえば、最も効率的という考え方。《ジャスト・イン・タイム》の理念を実際に実現するのが《カンバン方式》。ただし《ジャスト・イン・タイム》《カンバン方式》は、実際に部品を納入する下請けメーカーにとっては大変な重圧になる。

《自【働】化》とは、従来手作業で行われていた「不都合を発見して停止」する行為を、自動化機械に組み込み、不良品を作らないという考え方。《自【働】化》は生産現場における重大なムダであるつくり過ぎを排除し、不良品の生産を防止する役割を果たす。また、異常が発生した際には機械自身がそれを検知し、自ら停止すれば、そのときにだけ作業者が駆け付けるようにすることで、より少ない人数で複数の機械を稼働できる(多台持ち)。

《カイゼン》とは、効率を向上させるために作業時間を縮めたり、工具に改良を加えるなど、生産現場における無駄を見つけ、なるべく費用をかけずに迅速になくすこと。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です