渋滞情報まとめ

「帰省ラッシュ」だけではなく、「週末に家族旅行に行ったとき帰宅途中の高速道路で渋滞に巻き込まれた!」、「毎朝の通勤でいつも同じところが渋滞している…」なんてことはよく聞く話です。

都市間高速道路(東名や名神)では、特になにも障害がなさそうなところを先頭に渋滞が発生しています。なぜなのでしょう?

前方の車の速度が落ちると、後続の車はブレーキを踏んで安全な車間距離を保とうとします。これが通行車両の多い状態で起こると、次々と後続の車もブレーキを踏み、渋滞が発生してしまいます。交通集中で発生する渋滞のうち、サグ部での渋滞がNEXCO東日本の渋滞の約70%を占めています。

原因は、サグだけではありません。トンネルやインターチェンジ、ジャンクションも原因になります。トンネルの入口では、運転者の視界が暗くなること、運転者が圧迫感を感じることから、車の速度が落ちることがあります。

ある車の速度が落ちると、後続車はブレーキを踏んで安全な車間距離を保とうとします。これが、通行車両の多い状態で起こると、次々と後続の車もブレーキを踏み、渋滞が発生してしまいます。

インターチェンジ(IC)やジャンクション(JCT)から高速道路の本線に合流するクルマの影響でも渋滞が発生します。

2車線と1車線の道路が合流したら2+1=3車線になればよいのですが、現実では2車線になっているところがほとんどです。そのため、本線を走行していたクルマが合流するクルマにあわせて速度を下げてしまうのです。

また、速度を落としたくない車は追越車線へ車線変更をします。すると追越車線を走行中の車は、同じように速度を落とします。合流する車が多かったり、通行車両が多い状態で起こると、後続の車にも影響を及ぼし、走行車線にも追越車線にも渋滞が発生してしまいます。

例えば片側2車線の区間で道路工事を行った場合、通行可能な車線数が片側1車線に減少してしまい、クルマがスムーズに流れなくなり渋滞が起こります。同様の理由で、交通事故が発生してしまうと渋滞が発生してしまいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です