日本地図

わが国最初の実測日本地図「大日本沿海輿地全図」(伊能図)を作成した伊能忠敬(1745-1821)。

伊能忠敬(いのう ただたか 1745-1818)は、西洋の技術を使用して正確な日本全図を作った人、それも49(数え50)歳を過ぎてから努力した人であることは、よく知られています。

千葉県九十九里町で生まれ、横芝光町で青年時代を過ごし、17歳で伊能家当主となり、佐原で家業のほか村のため名主や村方後見として活躍します。49歳で隠居後、50歳のとき江戸に出て、幕府天文方高橋至時に師事し、暦学・天文を修めます。

近代日本地図の始祖である伊能忠敬先生は、事業に成功したあと50歳の時に江戸にでて、富岡八幡宮近くの黒江町(現在は門前仲町1丁目)に隠宅を構えていました。55才から73才に至る18年間、 日本全土の測量、地図製作という大事業を成し遂げた。 忠敬が作成した地図は伊能図として、 世界でも実測による地図として貴重であり、且つ精度も非常に高く、昭和の初期まで参謀本部20万地図に 使われていた程。

天文学や暦学を学ぶうちに、その時の暦学の問題であった、「子午線1度の長さをせいかくに知り、その結果から地球の大きさをもとめてみたい」という気持ちになった。1800年(寛政12)に、ほとんど独力で蝦夷地(えぞち)を測量しました。忠敬の測量事業と作成した地図は幕府の注目するところとなり、その後幕府の命を受けて、亡くなるまでのほとんどの期間を全国の測量に捧げました。

11代将軍家斉に東日本の地図を披露し、そのあまりの精密さに、立ち会わせた幕閣は息を呑んだ。そして忠敬には“続けて九州、四国を含めた西日本の地図を作成せよ”と幕命が下る。彼の測量はもはや個人的な仕事ではなく、多くの人の期待を担う正式な国家事業に変わった。

はじめ幕府は忠敬の実力を信用していなかった。しかし蝦夷地のあまりにも正確で立派な地図を作り上げたため、幕府は驚きそして忠敬に全国測量という任務を与えた。当初幕府の補助を受ける形であったが、測量を重ねるに従い、その実績が認められて1805年の第5次測量からは幕府直轄の測量隊となったのである。そのため、第5次測量以降とそれ以前とでは地域での扱いに大きな差が見られる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です