万年筆

「日経トレンディ」(日経BP社)が発表する「2014年ヒット商品ベスト30」の発表会では格安の万年筆「カクノ」が25位に入った。

2013年10月の発売から9か月経過した時点で、販売数は50万本を突破。「この勢いでいけば100万本も夢ではないと思います」

万年筆とのはじめての出会いが、大切なものとなるように。カクノはそんな思いから生まれました。シンプルだけれど、どこかかわいらしい。その形には、「書くこと」へ自然と導くさまざまな工夫がつまっています。こどもから大人まで、きっと書くのがたのしくなる。万年筆、カクノ。

創業以来95年にわたって万年筆を生産してきた同社が「子どもでも気軽に使える万年筆」のラインナップとして新設したブランド。

『カクノ』は、万年筆の使い方や書き味を手軽に実感できる万年筆としてつくられました。ボディは鉛筆と同じ六角形で、筆記時に親指、人差し指、中指が自然に正しい位置に収まるなだらかな三角形のグリップを採用。

お子さんにはもちろん、大人の方にも人気の商品PILOT万年筆『カクノ』が2014年 グッドデザイン賞を受賞しました。

「第8回キッズデザイン賞」において未来デザイン学び・理解力部門の審査委員長特別賞に、株式会社パイロットコーポレーションのジュニア世代マイ・ファースト万年筆「Kakuno(カクノ)」が選ばれた。

ペン先の顔は、ペン先の正しい向きを知らせる「えがおのマーク」する。子供がインキを誤飲することを防止するため、軸とキャップに穴をあけた。

子供向け、入門向けだけあって、1000円となっています。でも1000円と侮るなかれ。売り場にいた方いわく、同じPILOTのcocoonという3000円する万年筆と同等のペン先とのこと。

万年筆のインクには大きくわけると、中にインクが詰まったカートリッジを装着して書くものと、インク瓶からインクを吸い上げて補充して使うコンバータ式とがあります。Kakunoでは別売りですがコンバータを装着して好きなインクを使うことができます。

万年筆は他の筆記具とは異なり、自分に合ったデザインを選んで使用するファッション性の高いものですその性質から、万年筆を使っているだけでおしゃれに見えます。

筆圧によって色の濃淡がついて、とめ・はね・はらいも表現されて美しい字に仕上がります
他の筆記具と比べて、筆圧が少なくてもサラサラと書けるため疲れにくいです

ペン先は、パイロットの万年筆ラインアップにあった3000円程度の万年筆「プレラ」や「コクーン」と同種類のペン先です。3000円の万年筆でも使われている品質の良いペン先を1000円で味わうことができるのはお買い得です。

万年筆の世界には全然詳しくないので、LAMYのSafariと比べてどうだとかそういう話はできない。でも、使った瞬間に「スラスラ書けるってこういうことなんだな」っていう快感があって、勝手に一人で感動してしまった。

羽のような軽さで線がサラサラサラ~と出てきて、インクの「外に出たいよー」っていう声に合わせて自然と手が動き、リズムが生まれる。ペンを走らせるのが楽しくなってくる。

さすが国産万年筆、その中でも特にパイロット社の特徴とも言えるのですが、インクフローが良い!サラサラスラリと書いてもしっかりインクがヌラヌラ出てくる。

万年筆は、ペン先の構造上、どうしても「正しい持ち方」をしなければいけません。万年筆は、ボールペン・シャープペン・サインペンに比べると、持ち方の制約が大きいのです。

万年筆を使う時の握る部分は、なだらかな三角形になっていて窪みがあります。保持位置を限定するつくりになっているので、試してみた所ほとんど気になりませんでした。

万年筆の正しい使い方を「ごく自然」に身につけることが出来そうで初心者ユーザーに優しいつくりになっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です