レジデンス

衣食住という表現が示すように、レジデンス(住居)は人間生活の基本条件の一つである。

家を建てるとき、誰もが「その住まいが自分や家族にとって心地よい場所になるように」と願う。
人生の1/3以上、そこで暮らす住まいづくりは、その人の人生を決めると言っても過言じゃありません。

日本は国土が狭く地価が高いゆえに、都市部では家の購入や改築の際に「狭小住宅」という選択肢も存在する。
15坪を下回るようないわゆる「狭小地」に「狭小住宅」を建てる人が増えている

成長を遂げているのが「東京に、家を持とう。」のキャッチフレーズで一躍、知名度を上げたオープンハウス
通勤に30分以上はかけたくない。日中は家にいないので日当たりは関係ないし、庭もいらない。だが、マンションに住んで階上・階下の住人に気を遣いたくない……。

狭小住宅なら土地代が安く済むうえ、材料費や工事費も抑えることができます。
狭小住宅の場合、建坪面積と敷地面積が小さいので固定資産税が抑えられるという嬉しい側面があります

単に建物だけの金額というより、土地と建物の総額、都心に住む+駅近の利便性など、住み始めてからのライフスタイルまでトータルで考える。

都心に一戸建てを建てる場合には、かなりの高額な費用がかかります。ですが、狭小住宅であれば手の届く予算で都心にマイホームを持つことが現実的に。

マンションから検討を始めましたが、予想以上に相場が上がっていてびっくり。そこで建売住宅の情報も集めていると、実はマンションとさほど価格が変わらないことがわかりました。

都心で急増している激狭アパートだ。広さわずか3畳のワンルーム。ベランダもない。

若者たちからの人気を集めている、面白い不動産会社があります。「EARLY AGE(アールエイジ)」という会社です。扱っているのは、狭いと7平米、いわゆる四畳半程度の小さな部屋。

一昔前の木造住宅は、仮に建物全体の隙間を集めてみると「ハガキ10枚分」の穴が開いている状態だったといいます。それが近年、アルミサッシの普及ととも に住宅の気密性は着実に高まってきました。

海外へ行くと分かりますが、水道水を直接飲める国は少ないですよ。日本じゃ当たり前に飲めます。

都市化の進展に伴って都市施設の整備が進められてきており、衛生設備などが充実してきている
下水道の整備により、雑排水(台所・風呂など)が側溝に流れ出ないので、カやハエなどの発生を防ぎ、伝染病の予防に役立ちます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です