扶養

スポンサードリンク



扶養親族には2つの種類があります。・所得税の扶養親族・健康保険の扶養親族。

年間所得の合計が38万円以下であること
以上の要件を満たしていれば年齢が70歳未満であれば一般の扶養控除38万円の適用を受け、年齢が70歳以上であれば老人扶養控除の適用を受けることができます。

第2子以降の加算額を最大2倍に増額する改正児童扶養手当法が2日の参院本会議で、全会一致で可決、成立した。
児童扶養手当法とは1961年に公布され1962年に施行された日本の法律です。

父母が離婚するなどして父又は母の一方からしか養育を受けられない一人親家庭などの児童のために、地方自治体から支給される手当である。

児童扶養手当は、手当を受けようとする者が、自分の住む市区町村に請求することによって支給が開始される。
スポンサードリンク


改正児童扶養手当法は経済的に厳しい1人親家庭の自立を支援するため、一定の所得を下回る家庭を対象に、年収に応じて第2子以降への加算を増額するものです。

子どもが1人の場合の支給額は最大4万2330円。
児童扶養手当は現在、1人目の子どもについて月4万2330円が支給され、子どもが増えるにつれ2人目は月5000円、3人目以降は3000円加算される。

第2子への加算を最大1万円に、第3子以降への加算を最大6000円に、それぞれ増額する改正児童扶養手当法が2日の参議院本会議で可決・成立しました。

所得に応じて、第2子は現在の月5000円を最大1万円に、第3子以降は3000円を最大6000円に引き上げることが柱。

第1子の支給額の満額は4万2000円に据え置く。
ただし、所得制限があり、満額支給されるのは子ども3人の世帯の場合で年収227万円未満。
スポンサードリンク

年収に応じて支給額は減り、年収460万円以上は支給されない。
児童扶養手当は一定の所得以下の母子家庭や父子家庭が対象で、支給は原則的に子どもが18歳を迎えた年度末まで。

ママのパート収入が年間103万円を超えると、超過する所得に対し税金を納めなければいけなくなるということです。

ママの収入が103万円以下の場合は、パパの所得税の対象となる給与所得から配偶者控除として38万円が差し引けますが、1円でも超えると差し引けなくなる

1日または1週間の勤務時間と1カ月の勤務日数の両方が4分の3以上になった場合は、勤め先の健康保険と厚生年金の加入者になります。


スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です