戸建て

衣食住という表現が示すように、住居は人間生活の基本条件の一つである。

家を建てるとき、誰もが「その住まいが自分や家族にとって心地よい場所になるように」と願う。
人生の1/3以上、そこで暮らす住まいづくりは、その人の人生を決めると言っても過言じゃありません

日本は国土が狭く地価が高いゆえに、都市部では家の購入や改築の際に「狭小住宅」という選択肢も存在する。
15坪を下回るようないわゆる「狭小地」に「狭小住宅」を建てる人が増えている

成長を遂げているのが「東京に、家を持とう。」のキャッチフレーズで一躍、知名度を上げたオープンハウス
通勤に30分以上はかけたくない。日中は家にいないので日当たりは関係ないし、庭もいらない。だが、マンションに住んで階上・階下の住人に気を遣いたくない……。

狭小住宅なら土地代が安く済むうえ、材料費や工事費も抑えることができます。
狭小住宅の場合、建坪面積と敷地面積が小さいので固定資産税が抑えられるという嬉しい側面があります

単に建物だけの金額というより、土地と建物の総額、都心に住む+駅近の利便性など、住み始めてからのライフスタイルまでトータルで考える。

都心に一戸建てを建てる場合には、かなりの高額な費用がかかります。ですが、狭小住宅であれば手の届く予算で都心にマイホームを持つことが現実的にマンションから検討を始めましたが、予想以上に相場が上がっていてびっくり。そこで建売住宅の情報も集めていると、実はマンションとさほど価格が変わらないことがわかりました。

都心で急増している激狭アパートだ。広さわずか3畳のワンルーム。ベランダもない。
若者たちからの人気を集めている、面白い不動産会社があります。「EARLY AGE(アールエイジ)」という会社です。扱っているのは、狭いと7平米、いわゆる四畳半程度の小さな部屋。

2015年は17億円だったのに対し、16年は27億円、17年は31億円と右肩上がりで伸びている。その最大の要因は、部屋がとにかく狭い「QUQURI」を手掛けている。

政府は2020年に新築戸建て住宅の半数について、太陽光発電などで消費する電力を賄い、差し引きしたエネルギー消費をゼロにする目標を掲げる。今月末にパリで開く第21回国連気候変動枠組み条約締約国会議(COP21)での公約実現に向けた措置だ。省エネ目標を課す産業を従来の重厚長大型からサービス業や学校などにも広げ、省エネ投資を促す。

新たな目標は太陽光発電による売電や蓄電池などを組み合わせ、年間の電力・ガス消費量などとほぼ同等のエネルギーを生み出す「ゼロエネルギー住宅」という考え方だ。 現在、ゼロエネ住宅の年間販売戸数は約1万5000戸と注文住宅市場の15%にとどまる。補助金を拡充するなどして20年までに3.3倍の5万戸程度に増やす。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です