金庫

スマート金庫はiOSデバイスとWi-FiとBluetoothにリモート接続可能で、同社のOnelink Hopeアプリを使ってパスコードを入力するかTouch IDで開錠できるようになっています。

バッテリーで作動し、加速度計を内蔵してるため、怪しげな動きがあればアプリでユーザーに教えてくれます。
内部に傾きセンサーとモーター、マイクロフォン、バッテリー、LEDを内蔵した新世代のサイコロ。プレイヤーが指を鳴らしたり拍手する

特に設定をしないで使うと、2秒から4秒ほど転がって止まる。転がり方や光り方は、スマートフォンのアプリで変更可能。アプリで決めた動作内容は、音としてBoogie Diceに伝えて設定する。

日本で一番普及している金庫。 一般的にホームセンターなどで売られているのがこのタイプです。 火災から地震などの衝撃まであらゆるケースの火災を想定して作られています。

耐火金庫は耐火壁の中に砂を入れて重くします。耐火性の向上に加えて、金庫ごと持って行かれないように重くするのです。

盗難から収納物を守る為に作られた金庫。 扉の厚みや構造、鍵の丈夫さなど耐火金庫とは全く異なる構造となっています。 扉を支える蝶番が頑丈、扉を固定するかんぬきが太く本数も多い、などかなり耐火金庫と違いがあります。

B5:182×257mm / A4:210×297mm / B4:257×364mm / A3:297×420mmファイリングしている場合は、用紙サイズよりもファイルが大きい場合がありますので、実際に入れる物のサイズを測っておきましょう。 金庫の内寸は商品詳細をご覧 下さい

金庫のおおよそのサイズをお決め下さい。金庫を設置する場所のサイズを測り、入れる物のサイズを考慮し金庫を決めると、お間違いないサイズの金庫をお選び頂けます。

収納物により、金庫は耐火性能と防盗性能の二つを考慮します。それぞれの品物の特性考え、適切な耐火性能を有する金庫をお選び下さい。美術品や磁気メディア等、変形や変質しては困る物については注意が必要です。

重さは、設置場所(重さに耐えられる構造か)と防犯性(持ち去りにくい重さか)の両面で検討する必要 があります。家庭での金庫の置ける重さはお宅の構造により一概に言えません。設置場所に何kgのものまで置けるかは、建築会社、家主(賃貸の場合)等に問い合わせてご確認下さい。金庫の重さは、商品の詳細ページの「質量」でkg単位で表示されています。

耐火金庫は、おもに火災対策として使われます。夜間のビル火災から地震の衝撃や二次災害としての火災まで、あらゆるケースの火災を想定してつくられます。日セフ連ではJISに基づき0.5〜4時間にわたる耐火試験、9.1mの衝撃落下試験(床落ち対策)などの基準を設けています。

バーナー等の溶断に対する性能、ハンマー、ドリル等の工具による破壊に対する性能が、日セフにより防盗性能として規格化されています。また、金庫の重量やカギの仕組み、さらにアラーム(警報機)により、防犯性を高めることができます。(耐火性能のない「防盗庫」もあります。ご注意下さい。)

ダイヤル錠とシリンダー錠の二重ロックで引き出しも付いている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です