ハラスメント

スポンサードリンク



甘やかされて育てられると、「自己愛」が強くなります。それに対するアドバイスなどはこの「自己愛」を脅かすものととらえて攻撃的になるのです。

相手を攻撃する心理の背景には、理解をしてほしいとか、愛してほしい、助けてほしいという心理が隠れている

モラルハラスメントの加害者は、人の心を操作することから、「マニピュレーター」といわれます。「操作する人、人を繰る人」という意味です。被害者をじわじわと追い詰め、自信を失わせ、罪悪感を持たせ、自分から離れられないようにしつつ、常におとしめて心のエネルギーを吸い取ります。

攻撃者の基本的な特徴としては、自分は優れた人間で常に自分が正しいと考えていて、相手を見下す態度を取るということ。相手を理解しようという気はなく、相手が傷つこうが攻撃の手を緩めることはない

モラル・ハラスメントの加害者が人を支配しようとするのには、自身の「魅力」を用いる。次に、嫌味、皮肉、口調、態度など、ひとつひとつを取ってみればとりたてて問題にするほどのことではないと思えるようなささいな事柄・やり方によって、被害者の考えや行動を支配・コントロールしようとする。
スポンサードリンク


相手に言いたいことを言わせてしまえば、その後は一定の距離を保ちましょう。そして余裕があれば時々、優しい言葉などを掛けてあげましょう。基本的に攻撃的な人は、相手よりも優位に立つ事に強い執着を持っています。

口を挟まず最後まで話を聞く、同意するなど、感情や態度が沈静化するのを辛抱強く待つことです。
そうすることによって、コミュニケーションを図る側としてもストレスをあまり感じることがありません。真に受けてしまうと、ストレスになります。

・良い所に目を向けずあら捜しをするので、突っ込まれる材料をなくしていく。・自分が知らないところで物事が進んでいくのが嫌なので必ず全ての案件を報告する。・話すときは結論から話し、言い訳がましいことを言わない。・反対意見をいう時は、覚悟を決めて反論する。

全部を否定してしまうと癇癪を起こしたり、いじけてしまいます。いじけられると自分から絶対に折れることはないので、とっても面倒です。
スポンサードリンク

喧嘩腰だったり攻撃的な人は、「自分が上」という立場的に上位にいる事を強く望んでいます。頼られる側という「上の立場」になることで、きっと相手も話に乗ってくれるはずです。

最小限の言葉で対処し、相手が攻撃してくる隙を与えないようにして下さい。隙を見つけることによって、相手はあなたを攻撃してきます。また、無視や沈黙も相手を余計に逆上させるので避けて下さい。

「この人ホントくだらない。でも私は大人だから許してあげる」と哀れむことで、気持ちはおさまりそれほどイライラすることもなくなり、うまく流せるようになりますよ。


スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です