出張

出張先での仕事をしっかりこなすためにも、少しでも身体と業務を楽にする出張グッズはぜひ持っておきたいもの。

旅行に行ったり帰省をする人も多いことでしょう。
なんと言っても、旅行と言えば必ず絡んでくるのが『移動時間』。

ある程度の備えをしておけばより車内、機内が快適に過ごせたりするものです。
座席周りを快適にしてくれる小物類を賢く活用して、移動時間をリラックスして過ごしましょう。

通常のU型トラベルピローは、後ろから頭を支えるので座って寝るのが難しいとよく言われています。
アメリカのAmazonで旅行用グッズのランキングで1位となった商品でありイギリス全国発明表彰受賞という何だかよく分からないけどスゴイ商品。

車内や機内でなかなかリラックスできないとお困りの方におススメです。
特殊な形状をしており、首だけではなく、顎までを包み込んで眠りへと連れて行ってくれます。

座席にぶら下げて使うハンモック型のフットレスト

長時間座ったままでいると、足の疲れやむくみ、エコノミー症候群も心配になるほか、靴の上に足を解放させると靴がつぶれてしまうこともある。

長時間のフライトでも足の裏やふくらはぎを乗せることでリラックスした姿勢を保つことが可能です。

出張中は上司からの評価を上げるチャンスでもあり、また下げてしまう危険もあります。
先に到着しておき、準備を済ませて上司を迎えるようにするのが正しいビジネスマナー

早く着いたら、空港でお土産を下見しておくのです。帰りは時間がギリギリになることもあり、お土産を選ぶ暇がないことも多い

まず、上司の行動に先回りして、あれこれフォローできないと ついてゆく意味がない
上司が、快適に過ごせているかどうかにも気を配りましょう。

出張の移動時間は業務時間と心得ましょう。できたら資料に目を通したり、業界紙などを読むことが望ましい
雨が降っている日などに、名刺が濡れて使い物にならなくなるといった可能性もありますので、2か所にわけて入れておきます。

お金が足りなくて貸してもらう、ということは社会人としての信用を失ってしまうことになりかねません。
エコバッグのような薄手の買い物バッグを何枚かスーツケースに入れていきましょう。自分で使うのはもちろん、他の人にあげたりすればかなり重宝されるはず

どうしても帰りは荷物が増えます。他の人の分の荷物も入れてあげて“旅行上手”をアピールしましょう
特に初めて行く土地では、電車の運行状況や、渋滞事情などはわからないはずです。

ある程度、出張先近辺について知識を得ておきましょう。
車内販売で買い物をするときや機内サービスでの飲み物の受け渡しをするうえでも通路側にいたほうが便利

網棚やラゲッジスペースへの荷物の上げ下ろしは部下の役目。
ただし、上司が通路側を望む場合は別
移動中は書類に目を通したいなど、他にやりたいことがあるため、出来るだけ話しかけないで欲しいという状況は多々ある。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です