配当 ランキング

配当とは、社員(株主)が利益配当請求権(剰余金配当請求権、105条1項1号、621条1項)に基づいて受け取ることができる利益の分配のことである。 一般に配当という場合には現金によって支払われる現金配当を指すが、現在の株式分割を、株式による配当(株式配当)と表現していたこともあった。

孫正義社長の役員報酬は1億3900万円で、副社長の宮内謙氏(6億1700万円)の4分の1以下。ソフトバンクグループの2017年3月期の配当金は年間44円。孫社長は約2億3120万株保有しているので、配当金は101億円超となる。

アローラ氏は2014年に米グーグルからソフトバンク入り。報酬額は2015年3月期は契約金も含めて約165億円、2016年3月期は約80億円だった。今回の役員退任に伴う費用を含めると、報酬額は合わせて300億円を超える。

ソフトバンクの15年3月期の配当予想は1株当たり40円。孫正義社長は2億3120万株を保有する筆頭株主で、受け取る配当金は92億4800万円とベラボーだ。ファーストリテイリングの柳井正社長も73億5360万円に上る。

「配当金」とは・・「企業が出した利益の一部を株主に還元」するというものです。企業が業績により「1株あたり○○○円の還元をしますよ」と 株主に利益を還元します。

株主は、株式を保有し続けることで、保有株数に応じて配当金を受け取ることができます。

実は、配当金がたくさん出る企業の株を持っていれば、銀行に預金するよりもずっとお得です。「株で儲ける」というと、売買で得る売却益に目が行きがちですが、コツコツ地道に配当金で稼いでいく方法もあります。配当金狙いの投資なら、売却益を追い求めるデイトレーダーのように日中パソコンにはりつく必要もないので、会社員の方にもおすすめなんです。

配当や株主優待を受けるには「権利確定日」という日にその会社の株式を保有することで受け取る権利をもらうことができます。

権利確定日に株を買ってもだめだという点です。株式の売買では名義の書き換えに3営業日必要になります。ちなみに営業日というのは土日祝日を除く平日を指します。

保有する企業が配当金を出すと「配当金領収証」というものが郵送され、それを郵便局などで換金することで配当金を受け取るという方法です。

保有する株の配当金を登録している銀行口座に自動振込みしてもらうという方法です。複数の証券会社に同じ銘柄を別々に保有している場合でも証券保管振替機構(ほふり)を通じて名寄せすることでまとめて配当金を振り込みしてくれます。

各証券会社で投資している銘柄の配当金をそれぞれの証券会社の預かり金口座(MRF)に充当するという方法です。A証券とB証券にそれぞれ同じ銘柄を2000株、3000株保有しており、配当金が10円の場合A証券に2万円、B証券に3万円が振り込まれます。

◆配当利回りランキング◆
1 7615
京都きもの友禅
5.49% 766.0 (11:20)

2 8613
丸三証券
4.73% 1,056.0 (11:20)

3 8706
極東証券
4.64% 1,710.0 (11:14)

4 5015
BPカストロ
4.31% 2,118.0 (11:21)

5 6417
SANKYO
4.20% 3,570.0 (11:20)

6 8136
サンリオ
4.20% 1,904.0 (11:19)

7 7201
日産自動車
4.14% 1,161.5 (11:21)

8 2767
フィールズ
4.03% 1,242.0 (11:19)

9 9504
中国電力
3.98% 1,253.0 (11:21)

10 2174
GCA
3.95% 1,141.0 (11:21)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です