財務

財務など中小企業の業務をインターネット経由で支援するベンチャー企業が増えている。人手をかけずに請求書作成や予約管理などの煩雑な業務をこなせるようにする。

2013年版の通信利用動向調査によれば「クラウドサービスを全社的に利用している」と答えた企業は全体の13%。3年前の4.2%から約10ポイント上がっており、クラウドに感心が高まっていることは確かだ。

同様のサービスはIT(情報技術)大手なども提供しているが、クラウド技術の普及により、ベンチャーでも低価格でサービスを打ち出せるようになったと同時に、中小・零細企業や個人事業主も使いやすくなってきた。

中長期で顧問契約をするのではなく、単発で士業や専門家にちょっとした悩みを相談するときに嬉しいサービスです。

企業がどれほどの利益を獲得しているかを分析するものである。いくら儲けてるかがわかる分析方法です。

ROA(総資本利益率)

用語説明(簿記弁をわりやすく)当期純利益:税金引く前の利益を税金を引いて求めたもののこと総資産:資産の総合

ROE(自己資本利益率)

用語説明(簿記弁をわりやすく)自己資本;出資者から調達した資本金と剰余金から成る剰余金;収入から支出を引いて残っている金額。使い残りの金。

総資産回転率 = 売上高 ÷ 総資産

企業の財務上の支払能力を測定するものである。企業が事業活動を継続してゆくためには、収益性の向上のみでは足りず、個々の債務の支払時点において支払能力を有することが欠かせない。

流動比率(安全性・安全度)

用語説明(簿記弁をわりやすく)流動資産;一年以内に現金化される資産流動負債;一年以内に支払期限の到来する返済義務です。

自己資本比率

PBR (Price Book-value Ratio)PBR = 時価総額※ ÷ 純資産    ※時価総額 = 株価 × 発行済株式数もしくはPBR = 株価 ÷ 一株当たりの純資産
PER (Price Earnings Ratio)PER = 株価 ÷ 一株あたり利益

EPS (Earnings Per Share)

組織の外部からも利用可能な財務会計上の情報と異なる
財務会計上の情報は、企業会計原則や商法、金融商品取引法、法人税法などのより内容が規制される
管理会計は「過去」から「現在」の結果情報に基づいているだけでなく、国際財務報告基準(IFRS)が適用されれば「将来の」見通し情報に基づくことになる。

日本における会計基準では、貸借対照表(B/S)・損益計算書(P/L)・キャッシュ・フロー計算書(C/S)・株主資本等変動計算書(S/S)が財務諸表に含まれる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です