少額

少額投資非課税制度(しょうがくとうしひかぜいせいど)は、日本において、株式や投資信託の投資に対して、税制上20%かかる売却益と配当への課税を、年間100万円を上限に非課税とする制度。金融機関において、この制度が適用される非課税口座を、通常の取り引き口座とは別に開設する必要がある。

NISAを利用できる人は?口座を開設する年の1月1日において20歳以上の居住者が対象です。 投資ができる期間は? 2014年から2023年の10年間です。 非課税で投資ができる期間は? 原則として5年間です。 投資できる金額は? 1年間の上限は100万円、最大で500万円(100万円×5年間)です。 対象商品は? 上場株式と公募株式投資信託です。 非課税の対象は? 配当と譲渡益です。

「リスクコントロール型」と呼ばれるものだ。リスクコントロール型は、基準価額の下落リスクを抑えながら、安定的なリターンを狙うことを目的としている。

従来、安定的なリターンが狙えるものとしては「バランス型」があったが、リスクコントロール型は、バランス型よりもリスクを低減させることを強く意識している点が大きな違いだ。 

例えば、通常のバランス型は、あらかじめ決められた投資割合で複数の金融資産に投資し、リスク分散を図るものがほとんどだった。一方、リスクコントロール型は、「基準価額の下落を極力避ける」ことが前提条件になっているので、運用方針も細かく明示されている。 

基準価額の下落を避けるためのリスク低減の具体的な方法としては、まず為替ヘッジが挙げられる。リスクコントロール型の中で海外資産に投資をするタイプのファンドには、純資産の7割を対円で為替ヘッジを行なったり、先進国通貨の部分だけを対円でヘッジするものがある。為替の変動リスクを極力抑えることを目指している。

現在の相場にマッチしているとも言えますが、今後も下げ相場が続くとは限りません。リスクとは、下方リスクだけでなく上方リスクと「対」であるので、リスクを限定するとリターンも限定されます。

つまり、上げ相場ではシンプルなインデックスに乗り遅れる可能性と隣あわせであることは、ひとつ覚えておいた方がいいと思います。また、比較的新しい商品なので、短期間で相場が大きく変動した際に、本当にリスク量を一定水準に保つことができるのかどうかは、「時の洗礼」を受けていないという意味で、まだ十分な検証がなされていないように思います。

NISAとは、年100万円までの株式や株式投信などへの投資について、売却益や配当金・分配金が非課税となる制度。平成26~35年、投資家に毎年100万円の非課税枠が与えられ、最大で同時に500万円(100万円×5年)までの非課税枠を持つことができる。

日本国内に住む20歳以上の人なら1人1口座、非課税口座をつくることができる。既に口座開設の申し込みを受け付け始めている金融機関もあるが、勘定設定期間(26~29年、30~33年、34~35年)は金融機関の変更はできないため、慎重に選ぶ必要がありそうだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です