麻雀

スポンサードリンク



芸能界の雀豪たちが一堂に会して、NO.1を決定する麻雀バラエティ番組。毎回腕自慢の芸能人雀士4名が参加して、熾烈な戦いを繰り広げる!基本的には、竹書房麻雀最強戦と同じルールだが、25,000点持ち・30,000点返しの東風戦順位ウマなし(トップ賞のみ)割れ目ありトビ賞10,000点ドラは常に2枚めくりというローカルルールがある。

司会はたけし軍団のガダルカナル・タカ(放送開始当初は森脇健児)。実況は野島卓が担当していたが、2004年9月からニューヨークへ転勤となったことから、2004年10月17日放送の第59弾から桜井堅一朗が務め、2007年1月1日の放送ではフジテレビよりフリーとなった山中秀樹が務めた。なお、2008年1月3日に放送された第65弾はニューヨークから帰国した野島アナが3年ぶりに復帰し、2011年の番組再開後も担当している。
スポンサードリンク

『アカギ 〜闇に降り立った天才〜』(アカギ やみにおりたったてんさい)は、福本伸行による日本の麻雀漫画。『近代麻雀』(竹書房)にて1992年から隔号(月1)連載中。

元々は、『天 天和通りの快男児』からスピンオフした漫画で、天の登場人物の”伝説の雀士”赤木しげるを主役にし、赤木しげるの少年期から青年期、そして伝説の雀士へ登りつめていく姿を描いた作品である。

麻雀もネットで打つ時代!あなたにおススメの無料で出来るオンライン麻雀をありったけ紹介します。

麻雀は間違いなく実力のゲームですが、「運」の要素が絶妙にミックスされています。短期戦であれば、初心者でも上級者に勝てるのも魅力で、初心者も楽しみやすいゲームだと思います。

インストール不要でOS関係なく遊べますし、ファイアウォール設定など不要です。純粋にマージャンを楽しみたい人にぴったりです。利用者が多いので、イベントも頻繁に開催していますね。
スポンサードリンク

キーボードショートカットがありますが、ALTを押しながらの操作のため、少々使いづらいです。レート毎に卓が用意されています。皆さんギャンブラーなので、やはり無料で打てるプレイマネーの卓は人が少ないです。友達と打ちたいときに雀荘代わりに利用してもよいのではないでしょうか。頻繁に開催されるトーナメントの中は、参加料無料もたくさんあります。トーナメント規模は数十人から数百人規模まで。ぜひ賞金獲得を目指しましょう。


スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です