ポーカー

WSOP “World Series of Poker” は、毎年米国ラスベガスで開催される、最も歴史と権威のある世界最大のポーカーイベントです。

主な競技はテキサス・ホールデム、オマハ・ホールデム、セブンカード・スタッドなど。2005年の賞金総額は約5300万ドルで、優勝者には750万ドルが支払われた。

同シリーズは毎年5月から7月にかけて開催されている。メインイベントのファイナルテーブルの競技だけは、11月(場合によっては10月)に持ち越して行われる。このスケジュールは、2008年から採用された。その名の通り、プロポーカー世界一決定戦であり、開催期間中は世界中からポーカープレーヤーがラスベガスに集まってくる。

クリス・マネーメーカーという、それまでカジノのトーナメント参加経験のなかった(オンラインの経験はあり)アマチュアプレイヤーが、本来参加費1万ドルのメインイベントにオンラインサテライト(安く参加できる予選)から参加し、そのまま優勝してしまったのです。この時の優勝賞金は250万ドルでした。

参加費16,000円ほどのオンライン予選を勝ち抜いて出場したワールド・シリーズ・オブ・ポーカー、メインイベント。見事、参加者2,575人を打ち破り優勝、賞金500万ドル(推定5億円)という大金を獲得した。

2005年のワールド・シリーズ・オブ・ポーカー(WSOP)のメインイベントでは参加合計5,619人のプレイヤーの頂点に立ち、優勝賞金750万ドル(当時のレートで推定8億円)の賞金を獲得した。

彼がその名を一気にポーカー界へ広めることになったのは、ポーカー大会史上最高額となる1,200万ドル(推定13億円)にのぼる賞金を2006年のワールドシリーズオブポーカー、略して、WSOP(World Series of Poker)で獲得したことにある。

2006年のWSOPメインイベントファイナルテーブルでは、完璧なまでのブラフも冴え渡り、8人中7人ものプロプレイヤーをノックアウトする断トツの強さを見せつけた。

ワールド・シリーズ・オブ・ポーカー(WSOP)のメインイベントで参加者合計6358人の頂点に立ち、優勝賞金820万ドル(推定8億7,700万円)を獲得したのだ。どうやら Yang は、ポーカーブーム以降の優勝者の内、一生暮らすのに十分な金を手にしたというのに財政破たんを起こしてしまった、という最初のメインイベントチャンピオンになってしまったようです。

ドラゴンポーカーとはおなじみのカードゲーム「ポーカー」と、ファンタジックなRPGを組み合わせた新感覚のソーシャルゲームです。

『ごきぶりポーカー』は、“ポーカー”といいつつも、ハエやクモ・ごきぶりといった嫌われ者のカードを、裏向きで誰かに押し付けるように次々回していき、嘘・本当の見抜き合いを重ねて、負ける人1名を決めるゲームです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です