借家・借地

<こういう人が入居審査に通らない> 
①家賃の支払いにリスクがあると思われる人(家賃滞納の可能性が高い) 
②治安・風紀上好ましくない人

落ちてしまうケースで多いのが、担当営業マンの知識不足が上げられます。特に「小さい子供はダメです」という物件は、子供がいれば入居審査どころではありません。それ以前の問題で落ちてしまうケースもあるので、契約の条件はよく確認する必要があります。

家賃の金額と併せて、借主の職種・年齢・保証人なども審査の対象となります。保証会社の審査はプラス要因(滞納時に回収ができる)を探していきます。例えば連帯保証人が親で仕事をしていれば回収しやすいですし、公務員やお堅い職種の方もプラス要因になります。

借主が賃料を払わなければ追い出せばよいと思われると思います。その通りなのですが、法律上は借主が保護されているので、追い出すのはなかなか面倒です。

競売によりアパートの所有権を取得した新オーナーは、前からアパートに住んでいる借主に退去を求めることができるでしょうか。 結論から言いますと、退去を求めることができる場合とできない場合の両方があります。

部屋を借りる際の名義を大別すると1.ご本人が借主名義2.親族が借主名義で入居者が本人のパターンになります。2.場合は比較的スムーズに部屋探しが出来ます。1.の場合も求職中(無職)でも利用可能な賃貸保証会社が有りますので本人名義で部屋を借りることが可能です。しかしいちばんのポイントは、いかに理解のあるアパートオーナーや親身になって部屋探しをサポートしてくれる不動産業者を見つけることです。

ご質問のような家賃が高いマンションは総じて審査が難しく、収入証明書の提出を求められることが多いです。但し、東京都内には10万件以上の物件情報があります。預金残高や保証人様のご内容によりご相談可能の場合もございます。

ご自分の貯金額から例えば6ヶ月分の家賃を前払いする、という約束をするのです。さらにプラスしてその間に職を見つけられず家賃が以降払えなくなった場合には速やかに出ていくという意思表示をするために定期借家契約(意味は後述)で、と提案すると大家の印象はちょっとよくなるはずです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です