移住

中には都会へ通いながら仕事と地方での田舎暮らしを両立させている方もいらっしゃいます

高木さんは1998年から栃木県那須塩原市に移住し、現在も栃木から東京に通いながら芸能人としての仕事をこなされています。納豆やみそ、こんにゃくなども自分の家で作っている。農で生計を立てる「農家」になることが夢だという。

農業への力の入れようは本人をして「正業が農業で、タレントは副業」と言うほどである。テレビ番組でのダイエット企画がきっかけで有機農業に興味を持ち、福岡県の栽培農家に師事。2014年放送の『徹子の部屋』(テレビ朝日系)に出演したとき、「農作業や畑が縁で、6歳下の一般男性と再婚した」と告白。

地方都市で新しい環境に出会い、相変わらずテレビ出演時にだけ東京に出てくるという生活を送っている。

「空き家バンク」とは、空き家の賃貸・売却を希望する人から申込みを受けた情報を、空き家の利用を希望する人に紹介する制度です。NPO(特定非営利活動法人)や地域の財団法人などが運営する場合もありますが、その大半は市町村など自治体によって運営されています。

今後は、人口減が進む地方都市で、空き家問題がより深刻化すると見込まれる。定住者がいない住宅が全国で二〇二三年に約千四百万戸に達し、五軒に一軒が空き家となるとの試算。地方からの人口流出と東京一極集中に歯止めをかける狙い。

移住した人たちが、つぎつぎに、生活が軌道にののった移住4年めめくらいに現地住民によって「出てってください」と、いわれるのです荒れ果てた田畑を開墾し、ようやく収穫も充実の時期になりそう・・・・ってときに「すみません、たんぼと畑かえしてください」真剣にまじめにいっしょうけんめい、農家になろうとしている最中に頭から水バシャッですよ住める状態じゃないとこを長期間の労働ですてきなおうちに改装してさあこれからというときに・・・「親戚が帰ってくるっていってるんで、次の更新はありません」水バシャッバシャツ。

田舎に移住した人に起こりがちなことを、経験者である筆者がまとめている 発車時間ぎりぎりになると、駅員さんが「電車待たせてやるから走れ」と言う どこのスナックも繁盛している、信じられないサイズのクモを見るなど。

首都圏などの大都市部にいるパパたちがもっと地方に関心を持ち、地方の人と交流を増やしていく。そうした活動をどんどんと展開していくことで、最終的に地方に移住をする「家族」も増えていくのではないだろうか。

「家族」という単位でもっと地方を志向する刺激を与えられることができるのならば、地方の人口も単純に1人増ではなく、2人、3人、4人またはそれ以上に増えていく可能性が十分にある。つまり、「地方創生」の鍵は「家族」が握っているのであり、なかでもパパにアクションをかけることで、パパ(男性)の働き方に変革をもたらすと同時に、ママ(女性)の生き方を肯定し、そして家族の幸福のさらなる追求につながるのではないかと考える。

それを動かす原動力として「グリーン(緑)」がある。これから筆者が事業として展開していく「グリーンパパプロジェクト」では、地方に関心を持ってもらうための素材として、農業や林業などの第1次産業などの体験、グリーンツーリズムなどを活用しながら、大都市部にいるパパたちがもっと地方に関心を持つためのプログラムを自治体や企業などと連携をして構築しようと考えている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です