日経

スポンサードリンク



発行部数が世界一の経済新聞。経済界御用達の新聞。各種企業の動向など産業界の記事が豊富。
IT関係の記事にも強みを見せている。世界中のニュースをやさしく解説する「ニュースクール」や、就職活動中の学生は必読の「キャリアアップ」などユニークな紙面も豊富。

1956年3月1日にスタートした、日経を代表する名物コラム。有名企業のトップや文化人、政治家らが一カ月にわたり、自らの半生をつづります。生きるヒントが満載の自叙伝。

「まずは日経新聞の面白さを知ってほしい」
「NAVERまとめを入り口にして、若いユーザーの方にも日経電子版を身近に利用していただきたい」
「社内の思考回路では出てこない視点で我々の記事がまとめられていることもある」
「そうした切り口のまとめ記事を通じて、日経新聞の読者も広がるのではないか」

上記の声もある。
スポンサードリンク

NHN Japanは、まとめ作成者が日本経済新聞電子版の公式ニュースコンテンツの一部を使用できるようにした。
NAVERまとめの「公式コンテンツ機能」において、ニュースコンテンツを検索・追加できるのは今回の取り組みが初。

連携に当たって両社間でコンテンツ利用料などは発生しない。「NAVERまとめ」は2009年7月に始まったサービス。特定のキーワードや話題について、リンク集や画像集などのまとめを作ったユーザーがインセンティブを得られるというものだ。

「時代の変化に乗り遅れがちな日本の経営者は、そこにもよく注目してほしい」と締めくくっている。この社説は、14日現在、日本経済新聞のWebページでも確認可能だ。

ニトリホールディングス(HD)はおかげさまで2015年2月期の決算で28期連続の増収増益を達成することができた。円安や消費増税、人手不足などニトリにとって逆風ばかり。不安だらけの年度初めだったが、原料調達から商品開発まで、あらゆる改善で何とか乗り切った。とのことだ。
スポンサードリンク

◆株など投資関連
JPX日経インデックス400(ジェーピーエックス・にっけい・インデックス・よんひゃく 通称:JPX日経400)は、日本取引所グループとその傘下の東京証券取引所、及び日本経済新聞社が共同で開発し、2014年1月6日をめどに採用する予定の株価指数である。

資本の効率的活用や投資者を意識した経営観点など、グローバルな投資基準に求められる諸要件を満たした、「投資者にとって投資魅力の高い会社」で構成される新しい株価指数を創生します。これにより、日本企業の魅力を内外にアピールするとともに、その持続的な企業価値向上を促し、株式市場の活性化を図ります。

『株の在庫手当始まる』=来年に向け、証券会社の『株在庫手当』が始まったと事情通は伝えている。外国人の買いが入り始めていることに加え、来年は国内年金資金の買いが見込まれるという。
スポンサードリンク



日本で急拡大中なのが金融機関に一任し、投信で運用するファンドラップ。資産配分の助言をする点が初心者を中心に受けている。ただ総コストは年2~3%かかる。日本の公的年金が見込む世界分散投資の長期期待リターンは年約4%。2~3%のコストを引けば資産の増え方は鈍る。利点とコストを比べ自分にあう方法を選ぼう。

・ニュース 日経⇒https://www.nikkei.com/news/category/
・主要ニュース一覧⇒https://www.nikkei.com/news/headline/archive/


スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です