淡路島 地図

スポンサードリンク



2020年の東京五輪・パラリンピックに向け、国土地理院は「外国人向け」の地図で使用する地図記号を新たに作ることを決めた。

観光地が多い寺院の地図記号は「卍」だが、ナチス・ドイツのマークを連想させるという意見が多数寄せられたため、三重の塔のデザインとした。国土地理院は、外国語版地図の具体的な地図記号を2015年度中に作成、公開する。

これまで外国人向けの地図における外国語の地名表記や地図記号は、標準的なガイドライン類が存在しない状態で、地方自治体や民間企業などが、オリンピックなどに向けて独自に仕様を検討していた。これでは、検討のコストが掛かるとともに、地図によって表記がまちまちになったり、外国人になじみが薄い国内向け地図記号がそのまま用いられるような事も考えられる。

そのため、国土地理院が標準を作成することになり、有識者や関連機関などが集まり検討を行ってきた。
地図記号では、外国人へのアンケート結果を踏まえて、外国人旅行者に必要とみられる18種類の施設のイメージ図を提示。日本人になじみのあるマークでも外国人に分かりにくいものは改めた。
スポンサードリンク

寺院は2万5000分の1地形図では「卍」記号だが、「アンケート調査でナチス・ドイツを連想させるという意見が多数あり、不適当と判断」。

卍(まんじ=万字)は、仏書に用いられる万の字で、仏・菩薩の胸・手・足等に現れた吉祥万徳(幸福と功徳)を示すとされ、日本では仏教や寺院の標識・記号に用います。

万字の歴史は古く、前三千年紀古代文明の栄えた各地域で出土例があるようで、太陽が光を放つ状態を象形化したのが起源であるとされるようですが、運動のシンボルでもあったようです。

検索サイト大手の「グーグル」は、スマートフォンを持つ人が、今、どこにいるかなどを地図上で確認できる企業向けの有料のサービスを10日から始めました。この有料サービスは、利用契約を結んだ企業が、スマートフォンを持たせた従業員の現在地をインターネット上の地図で把握できるというもので、10日から運用が始まりました。地図には、スマートフォンを持っている人の移動の様子が、ほぼリアルタイムで表示されるほか、時間をさかのぼって、その人がどう動いたかも確認できる。

新しいGoogleマップに切り替わった段階で消えていた「ペグマン」が強化されて戻ってきた。ペグマンとは、Googleが提供する地図サービス「Googleマップ」や「Google Earth」と、路上風景や自然の景観を全方位パノラマ画像で閲覧できる「Googleストリートビュー」との連携に用いられる人型のアイコン。
スポンサードリンク

ユーザーはペグマンを地図にドラグ&ドロップしてストリートビューを表示させることができる。ちゃんとストーリーが設定されていてペグマンはマップ上から消えていた間、世界中を旅していろいろな場所を探検し成長して帰ってきたのだ。地図上にこのアイコンをドラッグ&ドロップすることで、ドロップしたポイントのストリートビューが表示できる。
・ヤフー地図⇒https://map.yahoo.co.jp/


スポンサードリンク


地図 印刷

スポンサードリンク



2020年の東京五輪・パラリンピックに向け、国土地理院は「外国人向け」の地図で使用する地図記号を新たに作ることを決めた。

観光地が多い寺院の地図記号は「卍」だが、ナチス・ドイツのマークを連想させるという意見が多数寄せられたため、三重の塔のデザインとした。国土地理院は、外国語版地図の具体的な地図記号を2015年度中に作成、公開する。

これまで外国人向けの地図における外国語の地名表記や地図記号は、標準的なガイドライン類が存在しない状態で、地方自治体や民間企業などが、オリンピックなどに向けて独自に仕様を検討していた。これでは、検討のコストが掛かるとともに、地図によって表記がまちまちになったり、外国人になじみが薄い国内向け地図記号がそのまま用いられるような事も考えられる。

そのため、国土地理院が標準を作成することになり、有識者や関連機関などが集まり検討を行ってきた。
地図記号では、外国人へのアンケート結果を踏まえて、外国人旅行者に必要とみられる18種類の施設のイメージ図を提示。日本人になじみのあるマークでも外国人に分かりにくいものは改めた。
スポンサードリンク

寺院は2万5000分の1地形図では「卍」記号だが、「アンケート調査でナチス・ドイツを連想させるという意見が多数あり、不適当と判断」。

卍(まんじ=万字)は、仏書に用いられる万の字で、仏・菩薩の胸・手・足等に現れた吉祥万徳(幸福と功徳)を示すとされ、日本では仏教や寺院の標識・記号に用います。

万字の歴史は古く、前三千年紀古代文明の栄えた各地域で出土例があるようで、太陽が光を放つ状態を象形化したのが起源であるとされるようですが、運動のシンボルでもあったようです。

検索サイト大手の「グーグル」は、スマートフォンを持つ人が、今、どこにいるかなどを地図上で確認できる企業向けの有料のサービスを10日から始めました。この有料サービスは、利用契約を結んだ企業が、スマートフォンを持たせた従業員の現在地をインターネット上の地図で把握できるというもので、10日から運用が始まりました。地図には、スマートフォンを持っている人の移動の様子が、ほぼリアルタイムで表示されるほか、時間をさかのぼって、その人がどう動いたかも確認できる。

新しいGoogleマップに切り替わった段階で消えていた「ペグマン」が強化されて戻ってきた。ペグマンとは、Googleが提供する地図サービス「Googleマップ」や「Google Earth」と、路上風景や自然の景観を全方位パノラマ画像で閲覧できる「Googleストリートビュー」との連携に用いられる人型のアイコン。
スポンサードリンク

ユーザーはペグマンを地図にドラグ&ドロップしてストリートビューを表示させることができる。ちゃんとストーリーが設定されていてペグマンはマップ上から消えていた間、世界中を旅していろいろな場所を探検し成長して帰ってきたのだ。地図上にこのアイコンをドラッグ&ドロップすることで、ドロップしたポイントのストリートビューが表示できる。
・ヤフー地図⇒https://map.yahoo.co.jp/


スポンサードリンク


地図 岐阜

スポンサードリンク



2020年の東京五輪・パラリンピックに向け、国土地理院は「外国人向け」の地図で使用する地図記号を新たに作ることを決めた。

観光地が多い寺院の地図記号は「卍」だが、ナチス・ドイツのマークを連想させるという意見が多数寄せられたため、三重の塔のデザインとした。国土地理院は、外国語版地図の具体的な地図記号を2015年度中に作成、公開する。

これまで外国人向けの地図における外国語の地名表記や地図記号は、標準的なガイドライン類が存在しない状態で、地方自治体や民間企業などが、オリンピックなどに向けて独自に仕様を検討していた。これでは、検討のコストが掛かるとともに、地図によって表記がまちまちになったり、外国人になじみが薄い国内向け地図記号がそのまま用いられるような事も考えられる。

そのため、国土地理院が標準を作成することになり、有識者や関連機関などが集まり検討を行ってきた。
地図記号では、外国人へのアンケート結果を踏まえて、外国人旅行者に必要とみられる18種類の施設のイメージ図を提示。日本人になじみのあるマークでも外国人に分かりにくいものは改めた。
スポンサードリンク

寺院は2万5000分の1地形図では「卍」記号だが、「アンケート調査でナチス・ドイツを連想させるという意見が多数あり、不適当と判断」。

卍(まんじ=万字)は、仏書に用いられる万の字で、仏・菩薩の胸・手・足等に現れた吉祥万徳(幸福と功徳)を示すとされ、日本では仏教や寺院の標識・記号に用います。

万字の歴史は古く、前三千年紀古代文明の栄えた各地域で出土例があるようで、太陽が光を放つ状態を象形化したのが起源であるとされるようですが、運動のシンボルでもあったようです。

検索サイト大手の「グーグル」は、スマートフォンを持つ人が、今、どこにいるかなどを地図上で確認できる企業向けの有料のサービスを10日から始めました。この有料サービスは、利用契約を結んだ企業が、スマートフォンを持たせた従業員の現在地をインターネット上の地図で把握できるというもので、10日から運用が始まりました。地図には、スマートフォンを持っている人の移動の様子が、ほぼリアルタイムで表示されるほか、時間をさかのぼって、その人がどう動いたかも確認できる。

新しいGoogleマップに切り替わった段階で消えていた「ペグマン」が強化されて戻ってきた。ペグマンとは、Googleが提供する地図サービス「Googleマップ」や「Google Earth」と、路上風景や自然の景観を全方位パノラマ画像で閲覧できる「Googleストリートビュー」との連携に用いられる人型のアイコン。
スポンサードリンク

ユーザーはペグマンを地図にドラグ&ドロップしてストリートビューを表示させることができる。ちゃんとストーリーが設定されていてペグマンはマップ上から消えていた間、世界中を旅していろいろな場所を探検し成長して帰ってきたのだ。地図上にこのアイコンをドラッグ&ドロップすることで、ドロップしたポイントのストリートビューが表示できる。
・ヤフー地図⇒https://map.yahoo.co.jp/


スポンサードリンク


銀座 地図

スポンサードリンク



2020年の東京五輪・パラリンピックに向け、国土地理院は「外国人向け」の地図で使用する地図記号を新たに作ることを決めた。

観光地が多い寺院の地図記号は「卍」だが、ナチス・ドイツのマークを連想させるという意見が多数寄せられたため、三重の塔のデザインとした。国土地理院は、外国語版地図の具体的な地図記号を2015年度中に作成、公開する。

これまで外国人向けの地図における外国語の地名表記や地図記号は、標準的なガイドライン類が存在しない状態で、地方自治体や民間企業などが、オリンピックなどに向けて独自に仕様を検討していた。これでは、検討のコストが掛かるとともに、地図によって表記がまちまちになったり、外国人になじみが薄い国内向け地図記号がそのまま用いられるような事も考えられる。

そのため、国土地理院が標準を作成することになり、有識者や関連機関などが集まり検討を行ってきた。
地図記号では、外国人へのアンケート結果を踏まえて、外国人旅行者に必要とみられる18種類の施設のイメージ図を提示。日本人になじみのあるマークでも外国人に分かりにくいものは改めた。
スポンサードリンク

寺院は2万5000分の1地形図では「卍」記号だが、「アンケート調査でナチス・ドイツを連想させるという意見が多数あり、不適当と判断」。

卍(まんじ=万字)は、仏書に用いられる万の字で、仏・菩薩の胸・手・足等に現れた吉祥万徳(幸福と功徳)を示すとされ、日本では仏教や寺院の標識・記号に用います。

万字の歴史は古く、前三千年紀古代文明の栄えた各地域で出土例があるようで、太陽が光を放つ状態を象形化したのが起源であるとされるようですが、運動のシンボルでもあったようです。

検索サイト大手の「グーグル」は、スマートフォンを持つ人が、今、どこにいるかなどを地図上で確認できる企業向けの有料のサービスを10日から始めました。この有料サービスは、利用契約を結んだ企業が、スマートフォンを持たせた従業員の現在地をインターネット上の地図で把握できるというもので、10日から運用が始まりました。地図には、スマートフォンを持っている人の移動の様子が、ほぼリアルタイムで表示されるほか、時間をさかのぼって、その人がどう動いたかも確認できる。

新しいGoogleマップに切り替わった段階で消えていた「ペグマン」が強化されて戻ってきた。ペグマンとは、Googleが提供する地図サービス「Googleマップ」や「Google Earth」と、路上風景や自然の景観を全方位パノラマ画像で閲覧できる「Googleストリートビュー」との連携に用いられる人型のアイコン。
スポンサードリンク

ユーザーはペグマンを地図にドラグ&ドロップしてストリートビューを表示させることができる。ちゃんとストーリーが設定されていてペグマンはマップ上から消えていた間、世界中を旅していろいろな場所を探検し成長して帰ってきたのだ。地図上にこのアイコンをドラッグ&ドロップすることで、ドロップしたポイントのストリートビューが表示できる。
・ヤフー地図⇒https://map.yahoo.co.jp/


スポンサードリンク


現在地 地図

スポンサードリンク



2020年の東京五輪・パラリンピックに向け、国土地理院は「外国人向け」の地図で使用する地図記号を新たに作ることを決めた。

観光地が多い寺院の地図記号は「卍」だが、ナチス・ドイツのマークを連想させるという意見が多数寄せられたため、三重の塔のデザインとした。国土地理院は、外国語版地図の具体的な地図記号を2015年度中に作成、公開する。

これまで外国人向けの地図における外国語の地名表記や地図記号は、標準的なガイドライン類が存在しない状態で、地方自治体や民間企業などが、オリンピックなどに向けて独自に仕様を検討していた。これでは、検討のコストが掛かるとともに、地図によって表記がまちまちになったり、外国人になじみが薄い国内向け地図記号がそのまま用いられるような事も考えられる。

そのため、国土地理院が標準を作成することになり、有識者や関連機関などが集まり検討を行ってきた。
地図記号では、外国人へのアンケート結果を踏まえて、外国人旅行者に必要とみられる18種類の施設のイメージ図を提示。日本人になじみのあるマークでも外国人に分かりにくいものは改めた。
スポンサードリンク

寺院は2万5000分の1地形図では「卍」記号だが、「アンケート調査でナチス・ドイツを連想させるという意見が多数あり、不適当と判断」。

卍(まんじ=万字)は、仏書に用いられる万の字で、仏・菩薩の胸・手・足等に現れた吉祥万徳(幸福と功徳)を示すとされ、日本では仏教や寺院の標識・記号に用います。

万字の歴史は古く、前三千年紀古代文明の栄えた各地域で出土例があるようで、太陽が光を放つ状態を象形化したのが起源であるとされるようですが、運動のシンボルでもあったようです。

検索サイト大手の「グーグル」は、スマートフォンを持つ人が、今、どこにいるかなどを地図上で確認できる企業向けの有料のサービスを10日から始めました。この有料サービスは、利用契約を結んだ企業が、スマートフォンを持たせた従業員の現在地をインターネット上の地図で把握できるというもので、10日から運用が始まりました。地図には、スマートフォンを持っている人の移動の様子が、ほぼリアルタイムで表示されるほか、時間をさかのぼって、その人がどう動いたかも確認できる。

新しいGoogleマップに切り替わった段階で消えていた「ペグマン」が強化されて戻ってきた。ペグマンとは、Googleが提供する地図サービス「Googleマップ」や「Google Earth」と、路上風景や自然の景観を全方位パノラマ画像で閲覧できる「Googleストリートビュー」との連携に用いられる人型のアイコン。
スポンサードリンク

ユーザーはペグマンを地図にドラグ&ドロップしてストリートビューを表示させることができる。ちゃんとストーリーが設定されていてペグマンはマップ上から消えていた間、世界中を旅していろいろな場所を探検し成長して帰ってきたのだ。地図上にこのアイコンをドラッグ&ドロップすることで、ドロップしたポイントのストリートビューが表示できる。
・ヤフー地図⇒https://map.yahoo.co.jp/


スポンサードリンク


箱根 地図

スポンサードリンク



2020年の東京五輪・パラリンピックに向け、国土地理院は「外国人向け」の地図で使用する地図記号を新たに作ることを決めた。

観光地が多い寺院の地図記号は「卍」だが、ナチス・ドイツのマークを連想させるという意見が多数寄せられたため、三重の塔のデザインとした。国土地理院は、外国語版地図の具体的な地図記号を2015年度中に作成、公開する。

これまで外国人向けの地図における外国語の地名表記や地図記号は、標準的なガイドライン類が存在しない状態で、地方自治体や民間企業などが、オリンピックなどに向けて独自に仕様を検討していた。これでは、検討のコストが掛かるとともに、地図によって表記がまちまちになったり、外国人になじみが薄い国内向け地図記号がそのまま用いられるような事も考えられる。

そのため、国土地理院が標準を作成することになり、有識者や関連機関などが集まり検討を行ってきた。
地図記号では、外国人へのアンケート結果を踏まえて、外国人旅行者に必要とみられる18種類の施設のイメージ図を提示。日本人になじみのあるマークでも外国人に分かりにくいものは改めた。
スポンサードリンク

寺院は2万5000分の1地形図では「卍」記号だが、「アンケート調査でナチス・ドイツを連想させるという意見が多数あり、不適当と判断」。

卍(まんじ=万字)は、仏書に用いられる万の字で、仏・菩薩の胸・手・足等に現れた吉祥万徳(幸福と功徳)を示すとされ、日本では仏教や寺院の標識・記号に用います。

万字の歴史は古く、前三千年紀古代文明の栄えた各地域で出土例があるようで、太陽が光を放つ状態を象形化したのが起源であるとされるようですが、運動のシンボルでもあったようです。

検索サイト大手の「グーグル」は、スマートフォンを持つ人が、今、どこにいるかなどを地図上で確認できる企業向けの有料のサービスを10日から始めました。この有料サービスは、利用契約を結んだ企業が、スマートフォンを持たせた従業員の現在地をインターネット上の地図で把握できるというもので、10日から運用が始まりました。地図には、スマートフォンを持っている人の移動の様子が、ほぼリアルタイムで表示されるほか、時間をさかのぼって、その人がどう動いたかも確認できる。

新しいGoogleマップに切り替わった段階で消えていた「ペグマン」が強化されて戻ってきた。ペグマンとは、Googleが提供する地図サービス「Googleマップ」や「Google Earth」と、路上風景や自然の景観を全方位パノラマ画像で閲覧できる「Googleストリートビュー」との連携に用いられる人型のアイコン。
スポンサードリンク

ユーザーはペグマンを地図にドラグ&ドロップしてストリートビューを表示させることができる。ちゃんとストーリーが設定されていてペグマンはマップ上から消えていた間、世界中を旅していろいろな場所を探検し成長して帰ってきたのだ。地図上にこのアイコンをドラッグ&ドロップすることで、ドロップしたポイントのストリートビューが表示できる。
・ヤフー地図⇒https://map.yahoo.co.jp/


スポンサードリンク


江戸 地図

スポンサードリンク



2020年の東京五輪・パラリンピックに向け、国土地理院は「外国人向け」の地図で使用する地図記号を新たに作ることを決めた。

観光地が多い寺院の地図記号は「卍」だが、ナチス・ドイツのマークを連想させるという意見が多数寄せられたため、三重の塔のデザインとした。国土地理院は、外国語版地図の具体的な地図記号を2015年度中に作成、公開する。

これまで外国人向けの地図における外国語の地名表記や地図記号は、標準的なガイドライン類が存在しない状態で、地方自治体や民間企業などが、オリンピックなどに向けて独自に仕様を検討していた。これでは、検討のコストが掛かるとともに、地図によって表記がまちまちになったり、外国人になじみが薄い国内向け地図記号がそのまま用いられるような事も考えられる。

そのため、国土地理院が標準を作成することになり、有識者や関連機関などが集まり検討を行ってきた。
地図記号では、外国人へのアンケート結果を踏まえて、外国人旅行者に必要とみられる18種類の施設のイメージ図を提示。日本人になじみのあるマークでも外国人に分かりにくいものは改めた。
スポンサードリンク

寺院は2万5000分の1地形図では「卍」記号だが、「アンケート調査でナチス・ドイツを連想させるという意見が多数あり、不適当と判断」。

卍(まんじ=万字)は、仏書に用いられる万の字で、仏・菩薩の胸・手・足等に現れた吉祥万徳(幸福と功徳)を示すとされ、日本では仏教や寺院の標識・記号に用います。

万字の歴史は古く、前三千年紀古代文明の栄えた各地域で出土例があるようで、太陽が光を放つ状態を象形化したのが起源であるとされるようですが、運動のシンボルでもあったようです。

検索サイト大手の「グーグル」は、スマートフォンを持つ人が、今、どこにいるかなどを地図上で確認できる企業向けの有料のサービスを10日から始めました。この有料サービスは、利用契約を結んだ企業が、スマートフォンを持たせた従業員の現在地をインターネット上の地図で把握できるというもので、10日から運用が始まりました。地図には、スマートフォンを持っている人の移動の様子が、ほぼリアルタイムで表示されるほか、時間をさかのぼって、その人がどう動いたかも確認できる。

新しいGoogleマップに切り替わった段階で消えていた「ペグマン」が強化されて戻ってきた。ペグマンとは、Googleが提供する地図サービス「Googleマップ」や「Google Earth」と、路上風景や自然の景観を全方位パノラマ画像で閲覧できる「Googleストリートビュー」との連携に用いられる人型のアイコン。
スポンサードリンク

ユーザーはペグマンを地図にドラグ&ドロップしてストリートビューを表示させることができる。ちゃんとストーリーが設定されていてペグマンはマップ上から消えていた間、世界中を旅していろいろな場所を探検し成長して帰ってきたのだ。地図上にこのアイコンをドラッグ&ドロップすることで、ドロップしたポイントのストリートビューが表示できる。
・ヤフー地図⇒https://map.yahoo.co.jp/


スポンサードリンク


軽井沢 地図

スポンサードリンク



2020年の東京五輪・パラリンピックに向け、国土地理院は「外国人向け」の地図で使用する地図記号を新たに作ることを決めた。

観光地が多い寺院の地図記号は「卍」だが、ナチス・ドイツのマークを連想させるという意見が多数寄せられたため、三重の塔のデザインとした。国土地理院は、外国語版地図の具体的な地図記号を2015年度中に作成、公開する。

これまで外国人向けの地図における外国語の地名表記や地図記号は、標準的なガイドライン類が存在しない状態で、地方自治体や民間企業などが、オリンピックなどに向けて独自に仕様を検討していた。これでは、検討のコストが掛かるとともに、地図によって表記がまちまちになったり、外国人になじみが薄い国内向け地図記号がそのまま用いられるような事も考えられる。

そのため、国土地理院が標準を作成することになり、有識者や関連機関などが集まり検討を行ってきた。
地図記号では、外国人へのアンケート結果を踏まえて、外国人旅行者に必要とみられる18種類の施設のイメージ図を提示。日本人になじみのあるマークでも外国人に分かりにくいものは改めた。
スポンサードリンク

寺院は2万5000分の1地形図では「卍」記号だが、「アンケート調査でナチス・ドイツを連想させるという意見が多数あり、不適当と判断」。

卍(まんじ=万字)は、仏書に用いられる万の字で、仏・菩薩の胸・手・足等に現れた吉祥万徳(幸福と功徳)を示すとされ、日本では仏教や寺院の標識・記号に用います。

万字の歴史は古く、前三千年紀古代文明の栄えた各地域で出土例があるようで、太陽が光を放つ状態を象形化したのが起源であるとされるようですが、運動のシンボルでもあったようです。

検索サイト大手の「グーグル」は、スマートフォンを持つ人が、今、どこにいるかなどを地図上で確認できる企業向けの有料のサービスを10日から始めました。この有料サービスは、利用契約を結んだ企業が、スマートフォンを持たせた従業員の現在地をインターネット上の地図で把握できるというもので、10日から運用が始まりました。地図には、スマートフォンを持っている人の移動の様子が、ほぼリアルタイムで表示されるほか、時間をさかのぼって、その人がどう動いたかも確認できる。

新しいGoogleマップに切り替わった段階で消えていた「ペグマン」が強化されて戻ってきた。ペグマンとは、Googleが提供する地図サービス「Googleマップ」や「Google Earth」と、路上風景や自然の景観を全方位パノラマ画像で閲覧できる「Googleストリートビュー」との連携に用いられる人型のアイコン。
スポンサードリンク

ユーザーはペグマンを地図にドラグ&ドロップしてストリートビューを表示させることができる。ちゃんとストーリーが設定されていてペグマンはマップ上から消えていた間、世界中を旅していろいろな場所を探検し成長して帰ってきたのだ。地図上にこのアイコンをドラッグ&ドロップすることで、ドロップしたポイントのストリートビューが表示できる。
・ヤフー地図⇒https://map.yahoo.co.jp/


スポンサードリンク


東北 地図

スポンサードリンク



2020年の東京五輪・パラリンピックに向け、国土地理院は「外国人向け」の地図で使用する地図記号を新たに作ることを決めた。

観光地が多い寺院の地図記号は「卍」だが、ナチス・ドイツのマークを連想させるという意見が多数寄せられたため、三重の塔のデザインとした。国土地理院は、外国語版地図の具体的な地図記号を2015年度中に作成、公開する。

これまで外国人向けの地図における外国語の地名表記や地図記号は、標準的なガイドライン類が存在しない状態で、地方自治体や民間企業などが、オリンピックなどに向けて独自に仕様を検討していた。これでは、検討のコストが掛かるとともに、地図によって表記がまちまちになったり、外国人になじみが薄い国内向け地図記号がそのまま用いられるような事も考えられる。

そのため、国土地理院が標準を作成することになり、有識者や関連機関などが集まり検討を行ってきた。
地図記号では、外国人へのアンケート結果を踏まえて、外国人旅行者に必要とみられる18種類の施設のイメージ図を提示。日本人になじみのあるマークでも外国人に分かりにくいものは改めた。
スポンサードリンク

寺院は2万5000分の1地形図では「卍」記号だが、「アンケート調査でナチス・ドイツを連想させるという意見が多数あり、不適当と判断」。

卍(まんじ=万字)は、仏書に用いられる万の字で、仏・菩薩の胸・手・足等に現れた吉祥万徳(幸福と功徳)を示すとされ、日本では仏教や寺院の標識・記号に用います。

万字の歴史は古く、前三千年紀古代文明の栄えた各地域で出土例があるようで、太陽が光を放つ状態を象形化したのが起源であるとされるようですが、運動のシンボルでもあったようです。

検索サイト大手の「グーグル」は、スマートフォンを持つ人が、今、どこにいるかなどを地図上で確認できる企業向けの有料のサービスを10日から始めました。この有料サービスは、利用契約を結んだ企業が、スマートフォンを持たせた従業員の現在地をインターネット上の地図で把握できるというもので、10日から運用が始まりました。地図には、スマートフォンを持っている人の移動の様子が、ほぼリアルタイムで表示されるほか、時間をさかのぼって、その人がどう動いたかも確認できる。

新しいGoogleマップに切り替わった段階で消えていた「ペグマン」が強化されて戻ってきた。ペグマンとは、Googleが提供する地図サービス「Googleマップ」や「Google Earth」と、路上風景や自然の景観を全方位パノラマ画像で閲覧できる「Googleストリートビュー」との連携に用いられる人型のアイコン。
スポンサードリンク

ユーザーはペグマンを地図にドラグ&ドロップしてストリートビューを表示させることができる。ちゃんとストーリーが設定されていてペグマンはマップ上から消えていた間、世界中を旅していろいろな場所を探検し成長して帰ってきたのだ。地図上にこのアイコンをドラッグ&ドロップすることで、ドロップしたポイントのストリートビューが表示できる。
・ヤフー地図⇒https://map.yahoo.co.jp/


スポンサードリンク


宮崎 地図

スポンサードリンク



2020年の東京五輪・パラリンピックに向け、国土地理院は「外国人向け」の地図で使用する地図記号を新たに作ることを決めた。

観光地が多い寺院の地図記号は「卍」だが、ナチス・ドイツのマークを連想させるという意見が多数寄せられたため、三重の塔のデザインとした。国土地理院は、外国語版地図の具体的な地図記号を2015年度中に作成、公開する。

これまで外国人向けの地図における外国語の地名表記や地図記号は、標準的なガイドライン類が存在しない状態で、地方自治体や民間企業などが、オリンピックなどに向けて独自に仕様を検討していた。これでは、検討のコストが掛かるとともに、地図によって表記がまちまちになったり、外国人になじみが薄い国内向け地図記号がそのまま用いられるような事も考えられる。

そのため、国土地理院が標準を作成することになり、有識者や関連機関などが集まり検討を行ってきた。
地図記号では、外国人へのアンケート結果を踏まえて、外国人旅行者に必要とみられる18種類の施設のイメージ図を提示。日本人になじみのあるマークでも外国人に分かりにくいものは改めた。
スポンサードリンク

寺院は2万5000分の1地形図では「卍」記号だが、「アンケート調査でナチス・ドイツを連想させるという意見が多数あり、不適当と判断」。

卍(まんじ=万字)は、仏書に用いられる万の字で、仏・菩薩の胸・手・足等に現れた吉祥万徳(幸福と功徳)を示すとされ、日本では仏教や寺院の標識・記号に用います。

万字の歴史は古く、前三千年紀古代文明の栄えた各地域で出土例があるようで、太陽が光を放つ状態を象形化したのが起源であるとされるようですが、運動のシンボルでもあったようです。

検索サイト大手の「グーグル」は、スマートフォンを持つ人が、今、どこにいるかなどを地図上で確認できる企業向けの有料のサービスを10日から始めました。この有料サービスは、利用契約を結んだ企業が、スマートフォンを持たせた従業員の現在地をインターネット上の地図で把握できるというもので、10日から運用が始まりました。地図には、スマートフォンを持っている人の移動の様子が、ほぼリアルタイムで表示されるほか、時間をさかのぼって、その人がどう動いたかも確認できる。

新しいGoogleマップに切り替わった段階で消えていた「ペグマン」が強化されて戻ってきた。ペグマンとは、Googleが提供する地図サービス「Googleマップ」や「Google Earth」と、路上風景や自然の景観を全方位パノラマ画像で閲覧できる「Googleストリートビュー」との連携に用いられる人型のアイコン。
スポンサードリンク

ユーザーはペグマンを地図にドラグ&ドロップしてストリートビューを表示させることができる。ちゃんとストーリーが設定されていてペグマンはマップ上から消えていた間、世界中を旅していろいろな場所を探検し成長して帰ってきたのだ。地図上にこのアイコンをドラッグ&ドロップすることで、ドロップしたポイントのストリートビューが表示できる。
・ヤフー地図⇒https://map.yahoo.co.jp/


スポンサードリンク