残業

標準報酬月額に含まれるのは、基本給、残業手当、通勤手当、住宅手当、家族手当、当直手当などだ。基本給だけでなく、残業代や通勤手当など報酬に含まれるものはすべて対象です。

3、4、5月に残業が多くなり4、5、6月の残業代が増えた場合、その後の1年間の厚生年金保険料と健康保険料がアップする可能性が出てくるということです。

つまり、4、5、6月に残業代などが多く支給されると、1年間の社会保険料が高くなります。3、4、5月に残業が多く、4、5、6月分の残業代が増えれば、負担が重くなるということです。

安倍首相は13日、首相官邸で経団連の榊原会長、連合の神津会長と会談を行い、首相が両会長に「残業の上限を100時間未満とする方向で検討していただきたい」と要請した。神津氏と榊原氏は会談後、記者団に対し、「首相の意向を重く受け止めて対応を検討したい」と口をそろえた。

労使双方は受け入れる方向で、新たな残業規制案が事実上固まった。合意が法制化された場合、時間外労働は最も忙しい月でも、最大100時間未満、2か月から6か月のいずれの期間の平均も80時間以内に規制される。

年間では720時間以内で、なおかつ月45時間を超えるのは、年間6回までに抑えられることになります。だが、現時点では上限規制がどのように運用されるかは明確でなく、経営者の多くは不安を感じているのが実情だ。

残業代ゼロ法案がひとたび成立してしまえば、後の法改正でその対象を広げ、年収要件を下げていく方向に動いていく可能性は十分に想定される。いまのところ「オレには関係ない」と考えているサラリーマンは多いだろうが、専門家は「いずれ、ほとんどのサラリーマンが該当することになっても不思議はない」と警鐘を鳴らす。

経団連の思惑として、この法案の適用対象を段階的に引き下げ、年収400万程度まで持って行きたいというのは何度となく表に出ている。長時間労働の是正につなげる狙いがあるが、「制度を悪用すれば長時間労働の助長につながる」との懸念も根強い。

これまで違法なサービス残業を強いられていた労働者が、これからは適法なサービス残業を強いられるようにも…。

これまでの不十分な規制をさらに緩和して、長時間労働を助長するのか、労働者の命と生活を守るための真の『働き方改革』を実現するのかが問われています。

地銀

一般社団法人全国地方銀行協会の会員である銀行である。第一地方銀行と称される場合もある。

地方銀行は、昔から株式会社の形態をとって、銀行として営業してきた銀行のことです。歴史が深く、比較的規模が大きいのが特徴です。

地方銀行は、全国津々浦々に約7,500の店舗、約35,000のCD・ATMを配置し、本店所在の都道府県を中心とした地域に稠密な支店網を張り巡らせています。この店舗網を通じて、個人のお客様や地域の中堅・中小企業のお取引先の多様な金融ニーズにお応えするとともに、地域社会の振興や街づくりのため地域金融の主導的な役割を果たしています。

一般社団法人第二地方銀行協会の会員であり、金融庁の「免許・登録業者一覧」に於いて「地域銀行 / 第2地方銀行」とされた銀行である。

平成元年2月1日以降、金融機関の合併及び転換に関する法律(昭和43年法律第86号)第6条第5項の規定に基づいて銀行法により免許を受けたとみなされた銀行及び会員から営業を譲り受けることを目的として新たに免許を受けた銀行であって、主たる営業基盤が地方的なものする」

第二地方銀行(第二地銀)は、以前は「相互銀行」だったものが1989年以降に普通銀行に転換したものです。相互銀行のさらにその前身は、地域密着型の助け合いの仕組みを発展させた無尽会社という金融機関です。「無尽会社」→「相互銀行」→「第二地銀」、というわけです。

第二地銀は、元は規模が小さく、ややリスクの高い業務を行っていた金融業者が、銀行と同じ業務をやるようになったものとイメージすれば分かりやすいと思います。

「地銀再編」加速 人口減にらみ競争力強化、ゆうちょ上場も脅威に

カードローンには「銀行」「信販」「信販クレジット」「消費者金融」の4つにわけられています。それぞれに特徴が有り、ライフスタイルに応じて選ばれると良いかと思います。

銀行カードローンはまさに銀行のブランドで集客するので優良顧客の利用が多く、資金力も高いので消費者金融よりも低金利を実現できます。また一般的には、個人顧客への無担保融資のノウハウを持っている消費者金融会社が保証会社となっていることが多いので債権管理のリスクも補っています。

特許

特許庁の基幹システムは、特許、実用新案、意匠、商標の知財四権について、出願の受付、審査、登録といった基本業務を支える。特許庁はシステム開発・運用コストの削減を狙い、分割発注方式への方針展開を決定、2006年にシステム設計工程の入札を実施した。

特許庁が出願情報などを一元管理するシステム開発を計画不備で中断したことを受け、会計検査院が開発費用約54億5100万円を無駄な支出だったと指摘する方針を固めたことが分かった。開発が遅れた経緯についても、特許庁の進行管理が不十分だったためと指摘、改善を求める方針。

特許庁は2006年に出願情報などを管理するシステム開発の入札を実施。東芝ソリューションなど3社が参加し、技術点で最下位だったが予定価格の6割以下を提示した東芝ソリューションが落札した。同庁はコンサルティング会社のアクセンチュアとコンサルタント契約も結んだ

現行の特許法では、特許権は発明した社員に帰属するのが原則で、企業側に権利を譲渡するなどした場合には対価を受け取ることができる。

企業では、職務発明について社内規定を定め、「職務発明にかかわる特許を受ける権利は会社に属する」としているところが多い。日本の特許法35条でも、発明者の社員に「相当の対価」を支払えば、企業が特許の権利を引き継ぐことができると定められているからだ。

1997年の発明協会の調査によれば、一定額を規定している企業が自社で特許を実施した場合でも、その発明報奨金額の最大は30万円にすぎなかった。単に特許を登録しただけの場合は、平均1万5000円から3万8000円といったところだ。

青色LEDの発明者である中村修二・米カリフォルニア大サンタバーバラ校教授が、発明当時在籍していた日亜化学工業に対し、発明の対価の一部として200億円の支払いを求めていた裁判の控訴審で1月11日、中村教授と同社との和解が東京高裁で成立した。同社が中村教授に8億4391万円を支払い、中村教授はその他の請求を放棄する。

「発明の対価を求める社員の訴訟が増えると経営体力がそがれ、競争力が弱まる」との主張だ。

「社員に帰属」の原則は残しつつ、発明に見合った十分な報償金を支払う仕組みを設けるといった一定の条件を満たした企業に限り、企業が自分のものにできる特例をもうける方向になった。報奨金の水準など具体的な条件は、今後詰める。

今後、発明者への報酬を確保する措置など詳細を詰め、早ければ今夏にも結論を取りまとめ、来年の通常国会に特許法改正案の提出を目指す。報酬基準の明確化に伴い提示される報酬基準のガイドラインについては、報酬上限を1億円程度とすることを検討しているようであるが、人材の海外企業等への流出を防止等を考えると、この金額が妥当であるかは判断が難しいところである。

複利

複利とは、元本と前についた利子をあわせた金額にたいして利子がつく計算方法。
一方、単利とは、元本だけに利子がつく計算方法。

元本が雪だるま式に増えるということにあります。ですから時間をかければ、かけるほどどんどん増えていくということになるんですね。

複利という言葉を聞くと、お金を増やす際に有利だというイメージがありますが、もしも借金の金利が複利だったら?と想像してみてください。利息に対して利息が付いていくことで加速度的に資産(負債)が増加する。

通常多くの借入金(キャッシングやローン、住宅ローンなど)も基本的に複利となる。こちらも借入利息と借入期間が長いほど総返済額は大きくなる。ヤミ金や無許可で営む貸金業者は、違法とわかって複利計算で貸し付けしているところもありますので注意が必要です。

例えば、個人向け国債は単利ですが、普通預金は複利です。また定期預金には金融機関や預け入れ期間によって単利と複利が混在しています。金融商品を選択するときに、「金利」や「利回り」とあったら、それが単利なのか複利なのかを必ず確認しましょう。

数学における最も偉大な発見は複利の力である。

金銭などの使用の対価として、金額と期間とに比例して一定の割合(利率)で支払われる金銭その他の代替物。利子。単利は、当初預け入れた元本に対してのみ利息がつく計算方法です。

元本とそれについた利息にまた新しい利息がついていくものを複利といいます。

100万円の資産を単利で10年間運用したと仮定1年あたりの運用利回りが10%の場合単利の場合は元本が変わらないので何年経っても毎年増える金額は10万円です。

複利で100万円の資産を単利で10年間運用したと仮定、1年あたりの運用利回りが10%の場合、8年で単利の場合の運用金額を超えることになるのです。

へそくり

ある調査によると、既婚者の3人に1人がへそくりをしており、特に女性は、30代から60代以降にかけてへそくりをしている人の割合が男性よりも高いことが判明。

また、男女とも60歳以上では半数以上がへそくりをしているという結果になっている。「100万円未満」から「1,000万円以上」と人によって大きな差が出た調査結果。これらを平均すると、サラリーマンを夫にもつ主婦のへそくり平均額は416万円になった。

へそくりの使い道として目立ったのが、「緊急時の出費」、「老後の蓄え」に加え、「家族・子供のため」という回答。自分の欲しいものを買うためというよりも、「家族の将来のための備え」としてへそくりをする主婦が多いみたいです。

約6割の主婦が「家計が苦しい」と感じている事が影響しているとされる。主婦のへそくりの隠し場所で昔から言われているのが、「タンス貯金」でおなじみタンス。へそくりを隠す場所の代名詞とも言えるタンスの中。

あるアンケートによると、「夫に内緒の資産」をどのような形で保有しているかという質問の答えは、1位の「預貯金」(89.9%)に続き、2位はなんと「タンス預金」(16.1%)でした。手元にお金があるため、金融機関からお金を引き出せなくなるリスクを回避できる。

金融が不安定な昨今、預金が引き出せないリスクや、また、預金に強制的に課税されるというような事件が起こる確率はゼロではない。また、資産の秘匿性の観点から言っても、タンス預金は有効。

銀行口座だと家族に把握される恐れがあるという理由からたんす預金を選択している人が多数のようだ。
ただし、火事で家が燃えたり、地震で建物が倒壊したり、津波や浸水したり、災害は様々な形で家の安全を脅かし、お金にも喪失のリスクがある。

・『既婚男女の“へそくり”に関する意識・実態調査』
へそくりをしたことが【ある】は48%で約2人に1人。
年代・性別に見ると30代女性が63%で最多。

“へそくり”経験者と同じく、最も上手く隠しているのは30代女性で、見つかってしまったことがある人はわずか16%だった。

さらに、先日発表された損保ジャパン・ディー・アイ・ワイ生命保険の調査によると、20~50代の主婦で、「へそくりを持っている」と答えたのは40.4%。平均金額は452万4000円で過去最高を記録。

この結果について、損保ジャパンは「へそくり額が過去最高を記録した昨夏から、36万4000円も増えた。依然として『貯める』意識が高いことがうかがえた」。

・語源などコラム
へそくりは、「おへそ」とは関係なく、麻を紡いだ糸「綜麻(へそ)」のこと。機織りをしていた主婦たちが、余った糸で自分の衣服を織ったことが語源。

かつては、機織りや糸紡ぎの内職をする女性が多く、そうやって彼女たちが貯めたお金のことを「綜麻繰り金」と呼んでいた。

漢字で「臍繰り(へそくり)」と書き、おへその奥(腹巻など)から繰り出すお金を意味することに端を発し、「奥の方に隠しておいたお金」を意味する説もある。

「へそくり」は江戸時代の中期には一般的な言葉になっていたらしく、かの井原西鶴の作品にも出てくる。千代がへそくりを嫁入り道具の鏡箱の底に持っていて、夫が名馬を買うお金を出して、夫の立身出世に道を開いたことが、新井白石の『藩翰譜(はんかんふ)』に記されている。

このエピソードが世に伝えられなければ、おそらく司馬先生は「功名が辻」を書かれることがなく、千代が主人公の大河ドラマなど制作されなかったであろう。また、「内助の功」という言葉は、山内一豊(やまのうちかずとよ)の妻・千代の話から来ている。

へそくりはパートナーに内緒で、小金を貯める事。昔は、このへそくりの隠し場所が良く話題になり、ドラマなどでも取り上げられた。ヘソクリと聞くと、なんとなくタンスの中や額縁の裏、神棚などに隠されていそうなイメージがある。

でもタンス貯金、へそくりの隠し場所。よく、米びつとか、畳の裏、仏壇にお金を隠すこういう場所は、泥棒からすれば、一番わかりやすい場所なんだそう。へそくりを貯める場所は今、「銀行派」が89%と圧倒的(本誌『女性セブン』が500人の既婚女性を対象に行った調査)。

現金・お金

現金とは、一般には現金通貨のことを指す。現金通貨とは、特定の国・地域で強制通用力を有する通貨における紙幣と硬貨のことで、現在の日本を例に挙げれば日本銀行券(紙幣)と政府発行の貨幣(硬貨)がそれに当たる。

世の中の貨幣を大別すると、主に、物理的に存在する貨幣(現金通貨)、および、預金の仕組みに基づく貨幣(預金通貨)とがある。したがって、現金はもとより「価値の尺度」、「支払いの手段」、「価値の貯蔵」といった、貨幣がもつすべての機能を備えている。

安全性に関して、現金通貨には一長一短がある。銀行等への信用に基づいている預金通貨の場合、預け先の破綻の恐れが存在するが、手元に所持する現金ならこの恐れはない。一方、手元または輸送中の現金は災害・紛失・盗難などによって保持者にとってその価値が喪失されてしまう恐れがある。

金融恐慌や戦時などを除けば預金通貨の危険性のほうが低い・利便性が高いとの認識から、現金は少額の取り引き・貯金以外にあまり使用されていない。多額の金銭の受け払いには為替(特に、現金の使用を伴わない振込など)や販売信用の仕組みに基づくクレジット決済が一般的である。また、法律上、紙幣と違って、硬貨は法貨としての通用力が制限されている補助貨幣的性格をもつものであるため、硬貨のみを使っての多額の支払いは断わることができる。

・身近なお金のコラム(へそくり)
ある調査によると、既婚者の3人に1人がへそくりをしており、特に女性は、30代から60代以降にかけてへそくりをしている人の割合が男性よりも高いことが判明。

また、男女とも60歳以上では半数以上がへそくりをしているという結果になっている。「100万円未満」から「1,000万円以上」と人によって大きな差が出た調査結果。これらを平均すると、サラリーマンを夫にもつ主婦のへそくり平均額は416万円になった。

へそくりの使い道として目立ったのが、「緊急時の出費」、「老後の蓄え」に加え、「家族・子供のため」という回答。自分の欲しいものを買うためというよりも、「家族の将来のための備え」としてへそくりをする主婦が多いみたいです。

約6割の主婦が「家計が苦しい」と感じている事が影響しているとされる。主婦のへそくりの隠し場所で昔から言われているのが、「タンス貯金」でおなじみタンス。へそくりを隠す場所の代名詞とも言えるタンスの中。

あるアンケートによると、「夫に内緒の資産」をどのような形で保有しているかという質問の答えは、1位の「預貯金」(89.9%)に続き、2位はなんと「タンス預金」(16.1%)でした。手元にお金があるため、金融機関からお金を引き出せなくなるリスクを回避できる。

金融が不安定な昨今、預金が引き出せないリスクや、また、預金に強制的に課税されるというような事件が起こる確率はゼロではない。また、資産の秘匿性の観点から言っても、タンス預金は有効。

銀行口座だと家族に把握される恐れがあるという理由からたんす預金を選択している人が多数のようだ。
ただし、火事で家が燃えたり、地震で建物が倒壊したり、津波や浸水したり、災害は様々な形で家の安全を脅かし、お金にも喪失のリスクがある。

先物

1730年に江戸幕府が、大阪堂島米会所に対し米の先物取引を許可したのが、先渡し契約の無い近代的な商品先物取引の始まりである.

全国に19カ所あった米穀取引所は(米の先物取引は第二次世界大戦に伴う米流通の統制に伴い)1939年廃止され、21カ所の正米市場も閉鎖され、国策会社である日本米穀株式会社に統合された。

先物は本来、将来の価格変動リスクを管理するための手段(リスクヘッジ)として利用するものであるが、世界的に、投機手段としての利用が多くなっている。

日本において商品先物取引に参加する場合、商品取引所の会員(株式会社形式の取引所の場合は取引参加者)となるか、取引を媒介する商品取引員の受託を受ける必要がある。

日経225(日経平均株価)とは簡単にいうと日本を代表する企業225社の株価の平均値を加工したものです。日本を代表する企業225社の株価を基に日本経済新聞社が算出、公表しており、株式市場のみならず日本経済の状態を表すTOPIXと並ぶ重要な株価指数として知られています。

日経225先物とは日経225(日経平均株価)を対象とした取引で、将来の日経225(日経平均株価)を株式のように現在の市場価格で売買できます。ただし、日経225先物では期限までに決済しない場合は自動的に決済されて取引は終了します。

日経225先物の仕組みとして、まずは以下の3つの特徴を理解する必要があります。1証拠金取引…お取引に証拠金が必要です2差金決済取引…売りと買いの差額で決済を行ないます3限月取引…お取引には期限があります。

1. 証拠金取引日経225先物取引をはじめるには別途「先物・オプション取引サービス口座」を開設し、証拠金を預ける必要があります。預けた証拠金を担保に証拠金を上回る金額の取引が可能です。これを証拠金取引といいます。

2. 差金決済取引日経225先物取引では、日経平均株価が「上昇」すると予想する場合は「買い」から、日経平均株価が「下落」すると予想する場合は「売り」から取引をはじめます。決算方法は「反対売買(買ったものを売る、もしくは売ったものを買う)による決済」と「満期(SQ※)による決済」の2パターンがあります。決済の際には、単純に「買った価格」と「売った価格」の差額を受け取ったり、支払ったりして決算を行ないます。これを差金決済取引といいます。

3. 限月取引日経225先物取引では、取引の満期日が定められています。この満期日が属する月を限月(げんげつ)といいます。取引を行なう際は、この限月を選んで取引します。これを限月取引といいます。各限月の満期日は第2金曜日ですが、取引できる最終日はその前営業日となります。満期日を迎えると、SQと呼ばれる特別清算指数値で自動的に決済されます。

NISA

NISAは、2014年1月から導入される新しい証券優遇税制です。「少額投資非課税制度」(日本版ISA)が2014年1月から始まる。

株式投資によって得た利益に対し、『非課税』という制度。現在は1割の税金がかかっており100万円の利益が出た場合、90万にならずそのまま貰える。英国が初めて始めた”ISA”という制度。日本ではこのISAにたいし100万という限度額が設定されており、イギリスでは160万円。少額投資となっている。

非課税投資総額は500万円となっており、1年に最高100万円を投資できる。マックスで投資していくと、5年で非課税枠は消えることになる。利益全返還制度によって、新たな顧客が増えていくため株式アドバイザーの需要が増えていく。先駆国であるイギリスでもISA開設者は80%のひとはアドバイスを受けている。

子供に対する学費や生活費に使っている人が多くなるという。ISA自体が成長を予想される株式市場なので、他にくらべハードルはかなり低いようだ。10年の時限立法(10年で終わる)となっているが、市場の活性化が行われた場合徐々に限度額も相当量になる上長期的な立法になることが予想される。

利用対象者日本在住で 0歳 ~ 18歳未満非課税枠毎年100万円の非課税枠を利用資金の引き出し原則、18歳までは非課税では引き出せないように検討中。

菅義偉官房長官は24日の記者会見で、政府が検討を進める少額投資非課税制度(NISA)の拡充策について「限度額の引き上げ、対象者の拡充などを費用対効果を見極めながら前向きに検討したい」。

20代の利用率は2%と少ないのが現状です。野村証券の持丸真衣子さんは政府で子どもNISAの話が持ち上がっている今のタイミングが投資の魅力を広めるいい機会だといいます。

最大のメリットは、贈与税の枠内で資産を移動できるので相続対策になること。子や孫と一緒にお金について学びながら投資できるのは素晴らしいことです。贈与税には非課税枠があって、その限度額は年間110万円です。つまり、年間100万円まで投資できる子ども版NISAを使うのであれば、この非課税枠の中で子どもや孫名義での積み立てができる。

こども版NISAで投資できる人は約2000万人。仮に利用率が5%で年平均60万円投資しても、6000億円が投資に回ることになります。
・原則18歳まで財産の引き出しができないこと
・当然運用リスクがあり元本割れのリスクがあること

つみたてNISAは、少額からの積立・分散投資を目的に作られた、NISAの新制度です。現状では、現行NISAとの併用はできないので、どちらかを選ぶことになります。積立NISAは、積立投資において生まれた利益を、20年という長期にわたって非課税にすることで、安定的な資産形成を支援しようという制度です。

2018年の1月から、「毎年40万円まで」、「期間20年」の非課税投資枠が設定されます。投資金額40万円分までの、「長期の積立・分散投資に適した一定の投資信託(非毎月分配型、信託期間が無期限または20年以上など)」にかかる値上がり益や配当金(分配金)が非課税となります。

通常の投資や、NISAでは株・投資信託・ETFなど様々な商品に投資できますが、つみたてNISAで投資できる商品は、運用にかかるコストが低く・分配金を出さず効率的に資産形成ができる投資信託に限定され、現行NISAよりも、より安定的に資産形成できるよう設計されています。

積立NISAと今までのNISAでは、運用できる金額が異なります。現行のNISAは年間に120万円まで非課税で運用できるのに対して、積立NISAでは年間40万円までに引き下げられています。この2つを比較すると、ちょっと額が少なく感じるかもしれませんが、毎年40万円いっぱいまで非課税枠を活用し、20年間続けて投資すれば、非課税の恩恵を受けながら投資できる額は最大800万円です。(現行NISAでは最大600万円)また、先にも書いた通り投資できる商品も違います。現行のNISAは株・投資信託・ETF・REITを買うことができますが、積立NISAは投資信託・ETFに限られています。

為替

普段何気なく耳にする「為替(かわせ)」という言葉。思い浮かべるものは、郵便為替、為替レートといろいろあるけれど、実はよくわかっていない、という人も多いのではないでしょうか。

国境を越えて、異なる通貨間で行われるものが外国為替取引です。商品の輸出入、外国証券や海外不動産への投資、企業の海外進出など、国際的な取引の多くは外国為替を利用して金銭の受払いが行われます。

為替レートには固定相場制と変動相場制がある。今の日本円は変動相場制となっています。「通貨=商品」という概念でしょう。為替レートが高くなったり安くなったりする仕組みは商品の価格変動と同じです。人気があれば需要は高まり、通貨の価格が上がります。供給量が増えると通貨安にもなります。

為替や株価は日々動いていますが、一定期間(1日や1週間、1ヶ月間など)の株価の動きを、白や黒の棒で表したものが”ローソク足”です。 このかたちが火を灯すローソクに似ていることと、そのかたちから”為替や株価がどんな風に動いたのか”、つまり為替や株価の足取りがわかることから、”ローソク足”といわれています。

ローソク足は次の4つの株価を使ってつくられています。 ・始値(はじめね):その日や週で最初に取引された株価 ・終値(おわりね):その日や週で最後に取引された株価 ・高値(たかね) :その日や週の取引で最も高い株価 ・安値(やすね) :その日や週の取引で最も安い株価。

ローソクには、始値よりも終値が高い陽線(ようせん)と、始値よりも終値が安い陰線(いんせん)の2種類がある。古くは陽線が赤、陰線が黒で書き表されていた事、値段が上ると明るい印象があり、下がると暗い印象がある事、相場の動きを陰陽道に絡めて考えた事などから陽線・陰線の名が付いている。相場に関する印刷物が刊行されるようになった際、コストの高いカラー印刷を嫌って陽線を白抜きの四角形、陰線を黒く塗り潰した四角形で表示する様に変化し、現在では黒と白で表示するのが暗黙の了解となっている。

窓(ギャップ)とは、左の図のように、前日のローソク足と、今日のローソク足部分に重なる部分がないことを言います。なお、窓が生じる際に、前日終値より窓を開けて高く値が付くことをギャップアップ(GU)、前日終値より窓を開けて低く値が付くことをギャップダウン(GD)と呼びます。

窓(ギャップ)が出たときの相場動向 窓として値を飛ばしている部分は、取引がゼロという真空地帯を意味しますので、左の場合、一回下値をトライするときに、窓としてあいている部分を埋めやすいという傾向があります。
・各種為替レート一覧⇒http://zai.diamond.jp/fx

ポートフォリオ

スポンサードリンク



ポートフォリオとは、金融商品の組み合わせのことで、特に具体的な運用商品の詳細な組み合わせを指します。

上場企業などの従業員が自分の勤めている企業の株式を定期的に購入し、中長期的な資産形成を支援する制度、福利厚生制度の一環として、自己の財産形成の大きな柱に。

仕事にやる気が出る&自社の業績に敏感になる仕事をしてない社内の給料ドロボーがいたら叱責するようになるかもしれませんね。特に営業マンの方などは、達成率に対して今まで以上に責任感が出るようになるかもしれません。
スポンサードリンク

リクルート新規上場に集まる注目 住所付き“IPO富豪リスト”の中身。IPO株といえば、上場後に何倍も株価が跳ね上がることが多い、投資家の垂ぜんの的。この書類を見れば、そのIPO株で、上場後に誰が幾ら大もうけするかが丸分かりなのだ。いわば、住所付きの“IPO富豪リスト”だ。書類で分かるだけでも最低138人の億万長者が誕生する計算だ。

想像してみてください。「業績悪化して、不採算事業をばっさり切り捨てるために大量リストラ」になった時のことを。当然、そういう時は株価ダダ下がりです。多分平均買付金額の半分以下になっているでしょう。そんな状態でリストラでもされたら・・・・。
スポンサードリンク

持株会にあまりに資産を配分すると、その会社に万が一のことがあった時に、職も資産も一度に失ってしまいます。一般の株を売買するのと比較して売りにくい。という点もマイナスです。


スポンサードリンク